出版物

第8版 詳解 連結納税Q&A

関連コンテンツ

我が国の連結納税制度が平成14年に創設されて以来、13年が経過しました。本書は、平成14年10月の初版発行以来、改訂を重ね、このたび第8版を発行するにいたりました。第8版は、平成26年と平成27年の税制改正の内容を織り込んでいます。特に留意すべき改訂内容は、法人税率の引下げ・連結欠損金の控除額の所得の65%制限(平成29年4月以後は50%制限)・受取配当等の益金不算入制度の改正・地方法人税の創設等となっています。

本書は、連結納税に携わる実務家や専門家に役に立つ情報をなるべく分かりやすく提供するため、できるだけ詳細な内容をQ&A形式で掲載しています。連結納税制度の概要に始まり、その計算方法、開始方法、子法人の加入や離脱の際の処理方法等について詳細な解説を加えています。また、連結納税を選択している法人の個別制度の適用方法や組織再編税制の取扱いについても解説しています。更に、最新の別表に基づいた記載例を掲載し、その記載方法を解説しています。

連結納税について、実務レベルでも役立つ詳細な内容を掲載した書籍として、連結納税の実務に携わる方必携の1冊となっていると思います。広くご利用いただけましたら幸いです。

書名

第8版 詳解 連結納税Q&A

 

出版

清文社

 

編者

デロイトトーマツ税理士法人 編 稲見誠一/大野久子 監修

 

価格

6,200円+税

 

出版

2015年11月

 

ISBN

978-4-433-51115-9

 

 

お役に立ちましたか?