サービス

企業年金資産運用アドバイザリーサービス

退職給付アドバイザリー

資産運用においては、一連のプロセスにおいて諸施策を継続して実施するという「Plan-Do-Seeサイクル」の定着が何よりも重要です。そこでトーマツでは、現状分析を通じて会社・基金の置かれた状況を把握し、外部環境や会社・基金に特有の事情を踏まえて、政策アセットミックスの策定、パフォーマンス分析などのPlan-Do-Seeのアドバイス提供を行います。

トーマツのアドバイザリーサービス

  • 経験豊富なコンサルタント(証券アナリスト、年金数理人、公認会計士等)が直接プロジェクトに関与します。
  • 資産運用業務を行わず、いずれの金融グループにも属さない中立的なアドバイザリーサービスを提供します。

以下はサービスの一例ですが、ご要望に応じ柔軟に対応します。

(PDF、222KB)
トーマツが監査を行っているクライアントにつきましては、独立性の観点から提供できないサービスがございます。 詳細は担当者へお問い合わせください。

企業年金資産運用アドバイザリーサービスのより詳しい内容は、下記をご覧ください。

企業年金資産運用アドバイザリーサービス」(PDF)