最新動向/市場予測

健康経営の始め方

経営戦略としての健康経営

従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する『健康経営』という言葉をご存知でしょうか。健康経営は、従業員の活力や生産性の向上など、組織の活性化をもたらし、結果的に業績や株価の向上につながると期待されています。 健康経営銘柄やホワイト500といった称号を取得するだけでなく、名実ともに健康経営法人となるためのポイントをご紹介いたします。

健康経営への注目の高まり

近年、従業員の体調不良などの健康状況が組織の収益に影響すると言及されています。これは、端的に言うと、体調不調の従業員が多いと生産性が低下し、業績が低下することを意味しています。以前より、各組織にて労働安全衛生法に基づき、従業員の働き方や健康管理に取り組んでいることと思います。しかしながら、実態としては、事業の継続・拡大などが取り組みの中心となり、従業員の働き方や健康管理の取り組みを満足にできていると感じている組織は決して多くはありません。ブラック企業問題などを受けて、世間も組織がどのような従業員の働き方・健康管理を行っているのか、注目が高まっています。

政府としても、このような状況に問題を感じており、労働環境改善のための施策推進として、経済産業省・厚生労働省が中心となり、従業員の健康管理を経営的な視点で捉え、戦略的に取り組む企業を「健康経営銘柄」「健康経営優良法人認定制度」「ホワイト500」として認定する制度が開始されました。

「健康経営」とは、従業員の健康を重要な経営指標と捉え、健康増進に積極的に取り組む組織運営の新しいスタイルです。組織の理念に基づき、従業員への健康投資を行うことで、組織の活性化や生産性の向上をもたらし、結果的に業績や株価の向上につながると期待されています。この認定制度は話題性もあり、多くの企業が注目しているため、健康経営に取り組むよいきっかけとなっていくものと思われます。

健康経営への取り組み

このような背景を受けて、多くの組織が自社の従業員における健康の維持増進や働き方改革の必要性を感じています。また、前述の「健康経営銘柄」の認定制度を受けて、実際に健康経営に向けた取り組みを開始している組織も増えているようです。

しかし実際には、健康保険組合や健康管理室と連携した健診の拡充や、長時間労働や深夜残業の禁止などの労務管理などにとどまっており、継続的な経営戦略としての取り組みがなされていません。健康経営は、単なる健康保険組合や健康管理室の業務改善運動ではなく、持続的な組織の成長の基盤として実現すべき経営課題となりつつあります。
デロイトトーマツでは、健康経営を成功させるためには、組織として5つの要素が必要になると考えます。

健康経営実現のポイント

健康経営を実現していくために重要となるのが、健康データの収集・分析を上手く行い、健康経営を一過性の運動ではなく継続的な取り組みするための環境・仕組み作りです。

従業員の健康を増進し健康経営を推進していくためには、これまでの病気や体調不良になってから対応を考える対症療法的なアプローチから、生活習慣病予防や体質改善など予防フォーカスのアプローチに軸足を移していくことが不可欠となります。

データの収集・分析で力尽きず、本来重視すべき施策の実行に注力していくためには、SMAC技術※などの先端テクノロジーを上手く活用していくことが求められます。SMAC技術を活用した健康経営の例として、「KBSC(健康バランスト・スコアカード:Kenko Balanced Score Card)」があげられます。KBSCは、従来のバランスト・スコアカードに健康増進の観点を含めたもので、デロイト トーマツ コンサルティングが健康経営を推進するために独自に定義した考え方です。具体的には、健康増進の観点から健康KPI(Key Performance Indicator;重要業績評価指標)を新たに設定し、ダッシュボードを用いて社員の健康状態を簡易かつリアルタイムにモニタリングすることで、組織が必要な対策を迅速に打てる状態を仕組み化していくことを目指しています。

今後、持続的な組織の成長には、事業推進の基盤としての健康経営を実現することが必要不可欠となります。組織が従業員の健康問題にどのように取り組むかが、組織のイメージや評判などの組織としての社会的な信用問題に直結することは昨今の事例からも明らかです。各組織には先端テクノロジーを上手く活用し、健康戦略サイクルを構築することで、従業員の健康状態の可視化や課題に対する迅速に対応し、従業員ひとりひとりが健康に対して前向きになり、自ら健康でいるために自律的に行動していくサポート役となることも求められています。


※SMACとはSocial、Mobile、Analytics and Cloudの頭文字をとったもので、デジタル時代の先端テクノロジーを指す

健康経営の成功要因
※画像をクリックで拡大表示
健康経営実現のポイント

デジタル人事

SMAC技術活用によるエンプロイー・エクスペリエンス向上サービス

SMAC技術を活用したソリューションを元に、創造力溢れる職場やエンゲージメントを高める育成・評価制度などの実現を通して、 エンプロイー・エクスペリエンス(従業員の経験価値)の改善に向けた変革をご支援します。

お役に立ちましたか?