ナレッジ

未来のコンビナートとは?

化学業界向けNewsletter「扉」特別版

未来のコンビナートとは?

第二次世界大戦後、太平洋ベルト地域を中心に形成されてきた石油化学コンビナートは、将来的な国内生産量の減少見込みや昨今のカーボンニュートラル化の流れを受けて、生産拠点としての位置づけの再考や変革に向けた道筋の提示が求められています。

本レポートでは、コンビナートの歴史や設備構成を振り返ったうえで、未来のコンビナートの姿(将来像)を提示しました。そのうえで、コンビナート変革に向けた取組の方向性や海外事例、産業別の検討論点について考察しています。

(プロセスユニット/エネルギーユニット ニュースレター特別版 2022年7月発行)

【目次】

  1. なぜ今コンビナート再構築に関する議論が必要なのか?
  2. コンビナートの成り立ちと現在の姿
  3. 未来のコンビナートとは?

※ プロセスユニット発行のニュースレターをご希望の方は、お名前、ご連絡先、Vol.番号、部数、をご記載の上問い合わせフォームよりご連絡下さい。

※同業企業・学生の方のお申込みはご遠慮いただいております

お役に立ちましたか?