ナレッジ

鉄鋼業の「天使と悪魔」を考える~ドローン・アナリティクスは「ご安全に」の精神を継承できるか~

鉄鋼・非鉄金属業界向け Newsletter「Next Stage」Vol.12

鉄鋼プラントにおけるドローンを用いた設備保全・在庫棚卸時の安全確保の可能性について論じる。

関連コンテンツ

鉄鋼業の「天使と悪魔」を考える~ドローン・アナリティクスは「ご安全に」の精神を継承できるか~

今号は鉄鋼プラントにおけるドローンを用いた設備保全・在庫棚卸時の安全確保の可能性について、当社実施の実証実験結果等も踏まえながら述べさせていただきました。

近年、我が国の鉄鋼プラントでは重大な労災事故が相次いでいます。また、ベテラン従業員の引退や若手従業員にプラントの新設経験を積ませることができないといった構造的問題から、細やかな運営ノウハウによって守られてきた我が国プラントの「ご安全」を次世代に引き継ぐことは急務となっております。

このような状況の中、当社では急速に進歩を遂げるロボット技術を用いた「ご安全に」の精神を未来に引き継ぐ手法について討議を重ねています。これまで取得できなかった空撮データを取得できるドローンと、そのデータを解析し、意味を導く技術(人工知能)の掛け合わせによって、設備保全・在庫棚卸時の安全確保実現に向けた取り組みを実施しております

(Process Sector Newsletter「Next Stage」 Vol.12 2016年12月発行)

【目次】

  • はじめに
  • ドローン・アナリティクスで変わる仕事のやり方
  • 鉄鋼業の伝統的な課題とドローン・アナリティクスでの解決可能性
  • 当社が取り組む実証実験事例
  • ドローン導入に向けた超えるべきハードル
  • おわりに

※ Newsletter「Next Stage」をご希望の方は、お名前、ご連絡先、Vol.番号、部数、をご記載の上問い合わせフォームよりご連絡下さい。

お役に立ちましたか?