ナレッジ

電動化の進む中国自動車市場に勝機はあるか?

~金属素材産業への提言~

鉄鋼・非鉄金属業界向け Newsletter「Next Stage」Vol.14

近年急速に電動化が進みつつある中国自動車市場を分析し日本の金属素材企業参入のシナリオを提示する

関連コンテンツ

電動化の進む中国自動車市場に勝機はあるか?~金属素材産業への提言~

今号は『電動化の進む中国自動車市場に勝機はあるか?』と題し、近年、急速に電動化が進みつつある中国自動車市場が、日本の金属素材産業にとって有望なのか、また、有望な市場ととらえた場合に何を検討し、どう参入するべきかについて、中国におけるプロジェクト経験や現地調査を踏まえ解説しております。

強烈な政府規制、それを受けての各OEM/サプライヤが電動化に舵を切っていく中で、中国の金属素材市場構造が急激に変化しようとしています。日本の金属素材産業が中長期的な成長を目指す上で、中国需要を如何に取り込んでいくかは大きな論点です。中国という市場規模の大きさはメリットである一方、中国ならではの市場特性や技術流出等のリスクとどう付き合っていくかは重要な課題です。政府動向、市場動向を如何に読み解いていくかを、事例を踏まえて述べつつ、金属産業毎の事情に合わせた3つの参入シナリオを提言しています。(Process Sector Newsletter「Next Stage」 Vol.14 2017年6月発行)

【目次】

はじめに

中国自動車市場 電動化に向けた動向

電動化による自動車部品需要構造の変化

OEM/サプライヤの動向

日系金属素材産業への提言

おわりに

※ Newsletter「Next Stage」をご希望の方は、お名前、ご連絡先、Vol.番号、部数、をご記載の上問い合わせフォームよりご連絡下さい。

お役に立ちましたか?