ナレッジ

AIを制す者は、世界を制す~AIに乗り遅れる者(企業)は市場から消える。AIに乗り遅れる国(文化)が衰退する~

鉄鋼・非鉄金属業界向け Newsletter「Next Stage」Vol.16

各産業で活用が広がっているAIのビジネスでの適用可能性について考察を行う。

AIを制す者は、世界を制す

本号は「AIを制する者は、世界を制す」と題し、各産業で活用が広がっているAIのビジネスでの適用可能性について考察を行いました。

IoTによるデータの蓄積環境の整備、データ処理技術の発達、CPUの高速化等を背景に、AIの活用はすでに黎明期を脱し、取り巻く環境は大きく変わっています。将来、人間の処理能力を超えるAIの普及により、多くの既存の職業はAIにとって代わる反面、新たな仕事も創出され、人間の役割が大きく変化します。金属・素材産業も同様に、業務効率化を目的にAIを採用することで、将来の働き方の変化が想定されます。そこで本稿では、弊社知見に基づき、金属・素材業界におけるAIの活用について、AIを用いた際の働き方の変化を、ストーリー形式や事例で紹介しながら、AI活用のための要件、金属・素材業界に求められる役割について論じております。
(Process Sector Vol.16 2017年12月発行)

【目次】

1. はじめに

2. IoTとビッグ・データ、それ以前の流行ITである高速化の牽引で、AIの現実社会での活用は急激に進んでいる

3. AIの普及により人間に求められ果たすべき役割が大きく変化する。それは金属・素材業界においても例外ではない

4. AIによる新しい業務を実現するために必要なステップと金属・素材業界の果たすべき役割

5. 終わりに

 

※ Newsletter「扉」「Next Stage」合併号をご希望の方は、お名前、ご連絡先、Vol.番号、部数、をご記載の上問い合わせフォームよりご連絡下さい。

お役に立ちましたか?