ナレッジ

外国子会社合算税制の改正による日系化学企業への影響

化学企業向け Newsletter「扉」vol.23

外国子会社合算税制の改正が日本企業にどのような影響を及ぼすかを論じる

関連コンテンツ

外国子会社合算税制の改正による日系化学企業への影響

本号は「外国子会社合算税制の改正による日系化学企業への影響」と題し、当該税制改正が日本企業にどのような影響を及ぼすかを論じております。外国子会社合算税制(通称タックスヘイブン対策税制)は日系企業のビジネス・経済環境や国際課税実務の変化に伴って今までも様々な改正が行われてきましたが、平成29年度税制改正においては課税の不均衡の是正を目的とした抜本的な改正がなされました。海外に事業を展開する多くの日系化学企業にとっては非常に重要な改正と考えられます。(Process Sector Newsletter「扉」Vol.23 2017年5月発行)

【目次】

  • 改正の背景
  • 改正後の制度の概観
  • 特定外国関係会社(ペーパーカンパニー等)
  • 部分合算課税所得(受動的所得)
  • 外国関係会社の判定
  • 経済活動基準
  • その他
  • 書類の提出・保存
  • 適用時期
  • まとめ

※ Newsletter「扉」をご希望の方は、お名前、ご連絡先、Vol.番号、部数をご記載の上、問い合わせフォームよりご連絡下さい。

お役に立ちましたか?