サービス

M&A取引準備(バイサイド)

買収対象会社をよく知ることは重要です。初期的デューデリジェンスは買収取引準備段階で行われます。この段階では、主要な評価基準を設定し、対象会社の選択を促進します。

買収対象企業の選定

M&A戦略の全体方針策定後、買収対象企業の選定作業(ターゲットスクリーニング)を行います。これは、M&A戦略を実行に移した際に、実際に買収対象として想定可能なターゲット候補を特定するプロセスです。

 

>>買収対象企業の選定(バイサイド)

入札前アドバイザリー/初期的デューデリジェンス

M&A取引準備として、買収対象企業の選定から初期的なデューデリジェンスやシナジー分析など、買い手に対する総合的なアドバイザリーサービスを提供します。

>>入札前アドバイザリー/初期的デューデリジェンス(バイサイド)

入札前アドバイザリー/初期的デューデリジェンス(バイ)

初期的シナジー/費用対効果分析

統合によって生じるシナジーやメリット、またその際に発生するコストについて、初期的シナジー/費用対効果分析として検討が必要となります。取引準備の初期段階において、シナジー分析を行っておくことでデューデリジェンスにおける確認事項を明確化できるとともに、シナジーを加味した上での価格提示が可能となり、入札においては買い手の有利な立場を保つことにもつながります。

>>初期的シナジー/費用対効果分析(バイサイド)

初期的シナジー/費用対効果分析(バイ)
M&Aに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

M&A:トップページ