サービス

データの評価:データ資産の価値を理解する

長期にわたってデータを収集し価値を取り込むために、企業はまずデータを資産として評価する方法を明確にすることを模索し、包括的なデータ戦略に従って価値の向上を推進する必要があります。

COVID-19により企業が成長戦略の転換を余儀なくされ、不良資産やデータ価値への影響などの固有の課題を浮き彫りにしました。企業や資産の価値は根本的に変化しており、このかつて経験したことのない時代において、データの価値を理解することがより重要になっています。

データの評価は段階を経て行われます。

総合的なフレームワークの構築

以下の質問を検討することで、段階を経てデータの評価が行われます。

  • 現在所有しているデータ資産の種類は?その使用方法は?
  • データ資産によって別の方法でビジネスを拡大できるか?
  • データ資産で収益率を高めるにはどうすればよいか?
  • データ資産によって現在および将来のリスクをどのように回避できるか?

データが及ぼす企業の成⾧、リターンリスクの影響を理解する

デロイト トーマツのプロフェッショナルは、顧客企業の経営者と連携し、データ資産が企業の現在および将来の成⾧、リターン、リスクに及ぼす影響を明らかにします。

データ価値の創出

データ価値創出のあらゆる段階でクライアントをサポートします。

クライアントが自社データの現在の価値、データ価値を高める属性、データによって株主価値を向上させる方法を理解できるよう支援します。

企業価値向上のためデータ・インタラクションをよりよく把握するプロセスを構築し、最終的に企業としての価値につなげます。
 

PDFダウンロード

データの評価:データ資産の価値を理解する

こちらから詳細のPDFをダウンロードできます。

PDF, 2.90MB

関連リンク

英語版サービス案内(Deloitte Global)

https://www2.deloitte.com/global/en/pages/finance/solutions/datavalue.html
 

プロフェッショナル

サイモン メイザー/Simon J.Mather

サイモン メイザー/Simon J.Mather

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー パートナー

バリュエーション・モデリング・エコノミクスサービス統括 約10年に亘るM&Aに関するアドバイザリー業務経験をもち、主に無形資産評価、株式価値、事業価値評価等のバリュエーション業務およびビジネス・モデリング業務を中心に従事している。テレコム関連の業務としては、日系企業による海外企業買収案件において、財務モデリングの設計・構築、DDコーディネーション、対象企業マネジメントとの交渉経験が豊富にある。 2... さらに見る

安廣 史/Fumito Yasuhiro

安廣 史/Fumito Yasuhiro

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー マネージングディレクター

監査法人トーマツ(現・有限責任監査法人トーマツ)にて大手商社の米国基準に基づく財務諸表監査や一般上場会社の監査に従事した後、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社に入社。株式価値評価、財務モデリング、債権の評価、会計目的評価(パーチェスプライスアロケーション)等を担当している。金融関連の評価を主に担当している。 公認会計士 CFA(Chartered Financial Ana... さらに見る