サービス

M&A取引準備

初期的デューデリジェンスは買収・売却取引準備段階で行われます。この段階では、主要な評価基準を設定し、対象会社や買い手の選択を促進します。選ばれた相手が業務統合に向けてよく準備し、売却事業の管理の引継ぎができるようにすることが重要です。

事業売却前の利益改善分析(セルサイド)

事業売却に際しては、会社(事業)の売却価格を最大化させるため、売上の増加、コスト削減、比較的少ないコストで素早い成果をあげられるよう現在の業務プロセスの修正、および資産の更なる活用等にフォーカスすることが重要になります。

 

>> 事業売却前の利益改善分析(セルサイド) 

買収対象企業・買い手候補の選定と関係構築

M&A戦略の全体方針策定後、買収対象企業あるいは買い手候補を特定するための選定作業(ターゲットスクリーニング)を行います。スクリーニング後は、候補先へのタッピング(初期的接触)を実施します。

 

>> 買収対象企業の選定(バイサイド)
>> 買い手候補の特定と関係構築(セルサイド) 

売り手としての売却準備支援(セルサイド)

会社(事業)の売却にあたっては、売り手としても入念な売却準備が必要となります。売り手の利益を向上させ、また売却に際しての潜在的な障害を少なくすることを目的として、スタンドアローン財務情報の準備や売却プロセスの円滑な策定・遂行が必要となります。

 

>> 売り手としての売却準備支援(セルサイド) 

入札前アドバイザリー/初期的デューデリジェンス(バイサイド)

M&A取引準備として、買収対象企業の選定から初期的なデューデリジェンスやシナジー分析など、買い手に対する総合的なアドバイザリーサービスを提供します。

 

>> 入札前アドバイザリー/初期的デューデリジェンス(バイサイド)

初期的シナジー/費用対効果分析(バイサイド)


統合によって生じるシナジーやメリット、またその際に発生するコストについて、初期的シナジー/費用対効果分析として検討が必要となります。取引準備の初期段階において、シナジー分析を行っておくことでデューデリジェンスにおける確認事項を明確化できるとともに、シナジーを加味したうえでの価格提示が可能となり、入札においては買い手の有利な立場を保つことにもつながります。

 

>> 初期的シナジー/費用対効果分析(バイサイド)

M&Aストラクチャリング(バイサイド)

M&Aにおいて、複数のストラクチャーのそれぞれのメリット・デメリットを会計・税務など様々な観点から比較検討し、最適なストラクチャーを選択することがM&Aを成功に導く重要なポイントといえます。

M&Aは売り手、買い手のほか、対象会社の経営陣・従業員、取引先や金融機関等の多くの利害関係者に重大な影響を与えますが、各利害関係者の全てのニーズを満たすことは実務上困難です。そのため、各利害関係者のニーズに優先順位を設定し、利害調整を行いながら、ストラクチャーを選択することが重要となります。


>> M&Aストラクチャリング(バイサイド)

M&A取引・税務ストラクチャリング(セルサイド)

売り手として、M&A取引のストラクチャーは最重要項目の一つです。複数のストラクチャーのそれぞれのメリット・デメリットを会計や税務の様々な観点から比較検討し、最適なストラクチャーを選択することがM&Aを成功に導く重要なポイントといえます。

 

>> M&A取引・税務ストラクチャリング(セルサイド) 

売却マーケティング資料の作成(セルサイド)

買い手候補へのアプローチに際しては、各フェーズに応じてティーザー、IMなど売却マーケティング資料を作成・提示する必要があります。

 

>> 売却マーケティング資料の作成(セルサイド) 

事業カーブアウトの方針策定および指標の策定(セルサイド)

事業の売却にあたっては、その切り出し範囲を明確に定義し、潜在的イシューにも着目することが重要です。そのため、事業分離構想として、包括的かつ詳細な事業カーブアウト方針およびカーブアウト指標の策定が必要となります。

 

>> 事業カーブアウトの方針策定及び指標の策定(セルサイド)  

カーブアウト事業のオペレーショナルデューデリジェンス(セルサイド)

買い手候補に対して、売却対象企業・事業のスタンド・アローンでの事業構造や売却後の事業の変化についての理解を促進するため、カーブアウト事業の業務デューデリジェンスを実施します。

 

>> カーブアウト事業のオペレーショナルデューデリジェンス(セルサイド) 

事業売却価値の最大化(セルサイド)

売り手として事業売却価値を最大化するには、売却対象会社・事業の財務的な改善施策を特定・数値化し、売却価値を最大化するための導入を行うことが重要となります。

 

>> 事業売却価値の最大化 (セルサイド)

売却・カーブアウトの詳細デザイン(セルサイド)

売却・カーブアウトにあたっては、各ファンクションの分離に係る詳細な計画書を作成する必要があります。また、買い手候補に対してどの事業が売却・分離され、Day1およびスタンド・アローンの状態にてオペレーションがいかに遂行されるかを明確に提示することが重要です。

 

>> 売却・カーブアウトの詳細デザイン(セルサイド) 
M&Aに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

M&A:トップページ