サービス

M&Aアドバイザリー

世界規模で激しく変化し続けるビジネス市場。それは、成長と停滞とが常に隣り合わせであることを意味します。 そのような環境にあって、更なる成長のためにタイムリー、かつ最大級の効率性で経営資源を最適化し、世界への布石を打つ。私たちは、グローバルネットワークと業界およびM&A専門家の知見を最大限に活用して、的確な情報収集と分析を行い、お客様一人ひとりの状況に応じたM&Aを迅速かつ効果的にサポートします。

M&Aライフサイクル

M&Aのプロセス

M&Aのプロセスには、上の図のとおり5つのフェーズがあり、各フェーズでそれぞれ買い手・売り手(バイサイド・セルサイド)が行う手続が存在します。

M&Aのプロセスは、最後の「クロージング後・統合」で終わりではありません。買収後の事業をどのように成長させるか、いつ売却するか、さらにどこに投資をするか。激動のビジネス市場で生き残るためには、絶えず次の戦略を練り続ける必要があります。デロイト トーマツでは絶え間なく企業を成長させるM&AプロセスをM&A Life Cycle(MALC)と呼んでいます。

デロイト トーマツ グループでは、それぞれの立場とフェーズに応じたサービスメニューを揃えています。

※ 図の各フェーズにカーソルを合わせると、それぞれの立場とフェーズに応じたサービスメニュにリンクします。

M&Aのプロセス~MALC

デロイト トーマツ グループでは、お客様一人ひとりの状況に応じたサービスをご用意しています。是非、お客様のご希望をお知らせください。私たちのグローバルネットワークと業界およびM&A専門家の知見を最大限に活用して力強くサポートします。

 case 1  
 会社(事業)を買いたい(事業承継を含む) 
   >> まだ相手は決まっていない
   >> 既に相手は決まっている
 case 2  
 会社(事業)を売りたい(事業承継を含む) 
   >> まだ相手は決まっていない
   >> 既に相手は決まっている
 case 3  
 会社(事業)の価値を知りたい
 case 4  
 資本提携したい
 case 5 
 海外で事業を買収したい
 case 6 
 海外で事業を売却したい
 case 7  
 不振事業の対策をしたい
 

M&A戦略の策定、交渉、取引の実行のみならず、M&A実行後の経営戦略に至るまで、M&Aライフサイクルを通してクライアントと共にM&Aを推進するビジネスパートナーです。

M&Aのサポートに当たっては、会計・税務はもちろんのこと、各種インダストリー固有の実情に精通した専門家が、M&A目標達成のためにベストなプロフェッショナルチームを編成し、オールデロイトトーマツの体制で臨みます。
ファイナンシャルアドバイザーを起用することにより、当事者同士では交渉しにくいことも、適切なリスクの配分を通じて調整され、第三者の目を通して冷静な取引きが実現します。
不要なコンフリクトにかける時間を排除することで、クライアント・当事者でしか判断できない部分に集中することが可能となり、合理的なM&Aを推進、つまりはM&Aの成功への近道となります。

なぜファイナンシャルアドバイザーが必要か

M&Aトピック一覧

M&Aに関する最新記事やサーベイを紹介しています。 

M&Aに関する最新記事やサーベイを紹介しています。 

M&Aアドバイザリー サービス一覧

M&Aアドバイザリー
グローバルネットワークと業界およびM&A専門家の知見を最大限に活用し、お客様一人ひとりの状況に応じたM&Aを迅速かつ効果的にサポートします。

  • M&A戦略
    M&A実行前の成長戦略立案。市場における事業機会を捉え、買収・売却と戦略を結びつけ、新しいビジネスモデルの構築をご支援します。
  • M&A取引準備
    M&A取引準備段階における初期的デューデリジェンスを通して買収対象会社や買い手を十分に知り、候補先企業選択をサポートします。
  • デューデリジェンス+M&A取引実行
    M&Aの投資環境が拡大しているので、資金提供者にとっては財務デューデリジェンスとリスクアセスメントを十分に行うことが重要です。
  • クローズ後の統合・トランジションフェーズ
    Day 1(統合日)は、新しい組織の開始日であり、統合した組織と業務プロセスの実施作業を開始します。また、企業の成長においてはDay1がゴールではありません。