Brexit Newsletter (UK)-vol.18

最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) - vol.19』

予想を上回る英国の経済成長率(2016年11月1日)

第3四半期の英国の経済成長率が予想を上回る成長となる一方、Brexit(英国のEU離脱)の投票結果に対する英国在住のEU市民の不安の表れとして、EU市民のうち4分の1近くが、もはや英国では歓迎されていないと感じていると回答し、5分の1は今後2年以内に英国を去るつもりであると回答した。

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

第3四半期の英国の経済成長率は年率換算で2.0%となり、予想を上回る成長となったが、英国在住のEU市民への調査では、その4分の1近くが、もはや英国では歓迎されていないと感じているとの結果が出ている。

この一週間のBrexitおよび欧州の政治経済に関する主な動きは以下の通りである。

  •  第3四半期の英国の経済成長率は0.5%(年率換算2.0%)と、予想を上回る成長となった。成長の主力はサービス部門で、工業生産、建設、農業の落ち込みをカバーした。
  • ONS(Office for National Statistics)のチーフエコノミストであるJoe Griceは、GDPの値について「国民投票後の英国経済を最も包括的に示しており、Brexitに関する投票の余波による目立った影響はほとんど見受けられない」と述べている。
  • EU-カナダ間の貿易協定にベルギーが署名することに反対していたベルギーのフランス語圏ワロン地域政府は、最終的にこの署名を受け入れた。これにより、注目されていたCETA(包括的経済貿易協定)の欧州議会による批准のための大きな障害はなくなった。
  • スイス中央銀行が設定したマイナス金利の影響を受け、スイス政府の今年度の財政収支は、予想を上回り22億スイスフランの黒字の見込みと発表された。これは、マイナス金利がスイスの納税者たちに早期の支払いを促すとともに、スイス国債への投資者たちからの、政府に対するマイナス金利での融資の結果である。
(PDF, 660KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?