調査レポート

日本企業のクライシスマネジメント

Rising to the challenge

本レポートでは、日本におけるクライシス対応の現況と準備状況の把握を目的として日本の産業界のリーダーや国際企業のトップマネジメントを対象に調査を行い、そこから回答を得た結果を分析。また当社のクライシス対応のスペシャリストから、国内外企業のアンケート調査結果を踏まえて、経営層・経営幹部の取るべき普段からの行動とクライシス時の行動原則についての記事を掲載しています。

2019年6月

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社は、日本の産業界のリーダーや国際企業のトップマネジメントを対象にクライシス対応の現状と準備状況について調査を行い、100社より回答を得ました。本調査では、クライシス対応プランの有無、日本企業が近い将来直面する課題に関する見通しについての詳細な質問を実施した結果、クライシス・プランニングやクライシス対応において、日本企業が進めている準備の実態が明らかになりました。また同時に、クライシス対応策の立案・実行のプロセスにおいて、より多くの時間と労力が割かれるべきポイントはどこなのかを示す結果ともなっています。

本調査のサマリーは以下の通りです。

サマリー

今後の見通し
93%の日本企業経営者が今後5年間でさらに多くのクライシスに直面すると予想。

対応準備の状況
43%の日本企業がクライシス対応への準備は概ねできていると回答し、29%が準備できていないと回答。

対応ラインの強化
クライシスへの対応とその準備においては外部アドバイザーが重要な役割を果たす。76%の日本企業が対応策の一環として外部アドバイザーを起用したと回答、そのうち25%はクライシスマネジメントに対する組織としての意識を持つために最も効果的と回答。

 

調査概要

調査名称:企業の不正リスクに関する調査

調査主体:デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社

調査機関:Acuris Studios

調査対象:日本を拠点としている日本企業70%、外国企業(外資系多国籍企業)30%のトップマネジメント層

回収数:100人

調査時期:2019年1月~2月

 

調査レポート請求・お問い合わせ

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
クライシスマネジメントサービス

お問い合わせフォーム

※冊子をご希望の方は上記お問い合せフォームよりご連絡下さい。
※お届けには一週間ほどお時間を頂きます。

関連サービス

クライシスマネジメント(危機管理)に関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス情報などを紹介。近年、企業はクライシス(危機)発生時のいわゆる有事対応の体制構築を求められています。デロイト トーマツ グループでは、グローバルネットワークと専門家の知見を最大限に活用した危機発生時からの対応を即時かつ総合的にサポートします。

■ クライシスマネジメント:トップページ


不正・不祥事が発覚した企業に対しては、弁護士や企業担当者と連携し最短かつ効果的な事実解明や解決策を提供し、信頼性ある調査結果を提供するばかりでなく、再発防止策の策定や不正実行者の責任追及等、調査後も企業価値の回復に向けて継続的な支援を行っている。 

■ 不正対応・係争サポート:トップページ

関連記事

■ 基礎からのフォレンジック講座
  -不適切な会計処理、資産横領、贈収賄、情報漏洩など企業の不正リスクについて学ぶ

お役に立ちましたか?