ナレッジ

キャッシュレス決済先進国、中国の決済ビジネス最前線(第1回)

QRコード決済を社会インフラとし、高いキャッシュレス決済比率を実現する中国から学ぶこと

日本ではQRコード決済の普及に官民挙げて取り組んでおり、2019年はキャッシュレス元年とも言われています。しかし、QRコード決済の普及に懐疑的な意見も聞かれます。そこで、リスクアドバイザリー新規事業推進では、QRコード決済が国民の主要な決済インフラとなり、高いキャッシュレス決済比率を実現している中国の広州、深センを現地視察。その内容を皆様にお伝えすることにしました。日本の常識と離れてみることで、常識に縛られない未来の構想につながれば幸いです。

店舗レジでのQRコード決済

QRコード決済導入の第一のステップは、小売店のレジにQRコード決済を導入することです。現在、日本で進められているQRコード決済導入もこのステップにあります。中国では、Alipay、WechatPayの2社がQRコード決済では寡占状況にあり、広州、深センでショッピングモール、スーパー、コンビニ、地場商店を視察した結果でも、その2社のいずれか、もしくは、両方が利用できるように店頭にコードのステッカーが置かれていました。地場のコンビニのレジにはQRコード決済のステッカーが置かれており、消費者が  AlipayかWechatPayのアプリでスキャンし、金額を入力すれば、スマホの指紋認証により決済が完了します。レジカウンターには、別のQRコードのシールが貼られており、決済の前にスキャンすると割引が受けられる仕組みもありました。このコンビニでは現金も利用可能でしたが、地場の八百屋では現金が利用できない店もありました。「ご老人などスマホを使えない方はどうするのか?」と聞いてみましたが、「買い物代行などを活用することもできる」という回答でした。

 

無人レジの普及

日本のQRコード決済はまだ大手の小売店のレジおいて、新しくQRコード決済を加えるレベルを目指しているところですが、中国のQRコード決済はすでに次のステップへと進んでいます。それは、無人レジの普及です。広州、深センの視察において、グローバルブランドのスーパーマーケットにも訪問しました。これまでグローバルブランドは、中国においても大型のハイパーマーケットを運営してきましたが、今回視察したのは超大型店とは異なる小型店舗です。店舗に入ると最初に目に入るのは丸いQRコードです。これをWechatアプリでスキャンすると、店舗の情報を認識し、店舗ごとのクーポンなどが表示されるサイトが起動します。この丸いQRコードはWechatPayのミニプログラムを起動させるためのもので、ユーザーは店舗ごとのアプリをインストールする必要がなく、いつも使用しているWechatのアプリを立ち上げるだけで済みます。

この店舗では、棚に並んでいる商品 を手に取り、その商品の包装に印字されているバーコードもしくはQRコードをスマホのWechatアプリでスキャンすることで、商品の情報がスマホに表示されます。スキャンした商品は買い物かごに入れ、そのまま買い物を続けます。店舗の出口には日本で見慣れた有人レジではなく、無人レジの大きなディスプレイが多く並んでいます。支払いでは、スマホをかざすとこれまでスキャンしてきた情報がディスプレイに表示され、商品と金額を確認し清算ボタンを押すと、ディスプレイにQRコードが表示され、そのQRコードをスマホでスキャンし認証することで支払いが完了します。商品を袋につめ、そのまま店を退出します。この店舗には現金も利用できる有人レジが隅の方に2つあり、現金で清算する客が列を作っていました。

スマホで決済する客はレジに並ぶ必要がなく、たくさん設置されている無人レジで迅速に決済を行うことができます。QRコード決済は、有人レジという店舗のスペースを多くとり、行列を作ることで顧客の時間を奪う仕組みをなくすことにより、ストレスのない買い物体験を実現することで顧客満足度の向上にもつながっています。店舗の出口には、警備員が複数立っており万引きなどには目を光らせているようでした。

 

QRコード決済による顧客体験の向上

日本では、決済は金融業務であるとの認識から、顧客体験の向上にQRコード決済を取り入れようという小売り自らによる動きは活発ではありません。インターネットやアプリを活用することで、決済インフラは非常に低コストで運営することができます。日本では決済インフラというのは堅牢なレガシーシステムで、高コストで運営されており、新しい決済インフラの利用に懐疑的な声も聞かれます。しかし、少なくとも中国ではQRコード決済による安価な決済手段が普及しており、その事実も踏まえた発想の転換が求められるのだと視察を通じて感じました。決済は事業ではなく、サービスであり、アプリになっています。顧客向けにすでにアプリを提供している企業であればどこでも、そこに決済機能を追加して、顧客の利便性を向上させることができます。

第一回では、無人レジの活用までをご紹介しました。中国のキャッシュレス決済はこのレベルでとどまってはいません。次回以降でさらなる発展をご紹介します。

 

*QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です

 

リスクアドバイザリー 新規事業推進の関連情報

最新のナレッジやサービス事例を探す

リスクアドバイザリー 新規事業推進に関するお問い合わせ

サービス内容等に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

オンラインフォームより問い合わせを行う

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?