サービス

経理・決算業務におけるRPA等自動化対応

効率化と適正な財務報告を両立するRPA導入等自動化技術の活用を支援

RPA等自動化技術は、24時間・高速・ミスなく稼働し、効率化だけでなく、適正な財務報告の面でも活躍が期待されます。一方、業務のブラックボックス化や統制の抜け漏れ等を防止する業務プロセスの評価・改善や導入による内部統制のへの影響評価、再構築が必要な場合があります。 決算・財務報告プロセスの効率性と適正性を両立する観点から、導入前後の評価・選定、自動化のためのプロセス構築、内部統制評価等を支援します。

RPA等自動化技術は、効率と適正な財務報告を両立に活躍

RPAをはじめとする自動化技術は、24時間・高速・自動で動き、効率化に貢献するだけでなく、人手の介在を減少させ、設定通りにミスなく働くという面で、適正な財務報告の面でも活躍することが期待されます。

 

※画像をクリックすると拡大表示します

RPA等自動化技術活用に向けた、経理・決算業務プロセス改善の重要性

自動化技術の活用は、非効率・不適切な業務の自動化や自動化後の業務のブラックボックス化、統制の抜け漏れ等を防止するため、現在の業務プロセスを評価し、プロセスの改善を行う事が重要となります。

 

※画像をクリックすると拡大表示します

内部統制の観点から見るRPA等自動化技術活用の留意点

自動化技術の導入により内部統制の構築、評価にも変更が必要になる場合があり、特に1. 自動処理の信頼性を確認するための統制と2. 例外処理に関する統制が適切に構築されているか、留意する必要があります。

 

※画像をクリックすると拡大表示します

トーマツの経理・決算業務における自動化技術対応サービス

トーマツは、効率化の観点だけでなく財務報告に係る内部統制の観点からも導入時の検討、ツール選定、業務プロセスの評価・改善、内部統制の再構築を支援します。

具体的には、導入前、導入検討、導入時、導入後の各フェーズにおいて、業務プロセス、内部統制を評価のうえ、最適なツール選定や統制環境の構築、業務プロセスの改善、文書化に係るご支援を提供いたします。

※画像をクリックすると拡大表示します

経理・決算業務におけるRPA等自動化対応、その他ファイナンシャルリスクに関するお問合せやご相談はこちら

≫お問合せフォーム≪

プロフェッショナル

小林 功幸/Noriyuki Kobayashi

小林 功幸/Noriyuki Kobayashi

有限責任監査法人トーマツ パートナー

2007年有限責任監査法人トーマツ入社。アカウンティングの知見と監査経験を生かしたアドバイザリー業務に幅広く従事、決算・財務報告プロセスの再構築、ガバナンス強化に幅広い経験を有している。  ... さらに見る