サービス

決算業務効率化支援サービス

財務経理部門にとってのメイン業務である決算締め処理(Close)、連結処理(Consolidate)、レポート作成業務(Report)(CCR業務)の効率化をサポートします

会計監査やリスク・ガバナンスの知見をもったプロフェッショナルにより、決算業務の各プロセスにおいて、組織・人材、業務・方針、ITシステムの改修などの伝統的な業務改善手法をはじめとし、近年のトレンドであるRPA(Robotic Process Automation)、決算業務効率化・決算早期化のためのERP周辺ツール等を用いた業務改善など、貴社のニーズを捉えた総合的な決算業務効率化・決算早期化のためのソリューションを提供いたします。

CCRプロセスとは?

財務経理部門にとってのメイン業務である決算締め処理(Close)、連結処理(Consolidate)、レポート作成業務(Report)までのend-to-endのプロセスです。

※画像をクリックすると拡大表示します

CCRプロセス効率化の必要性

財務経理部門の役割は戦略立案への参画や戦略実行の推進の支援へと転換するなかで、会計や財務オペレーションの効率化を重要課題として取り上げるCFOが増えています。また、デジタルにより加速化したビジネス環境や投資家の期待にリアルタイムに応えられる経営スピードや残業削減などの働き方改革が求められています。

つまり、日常業務における財務関連データを漏れなく入手し、ステークホルダー(トップマネジメント、投資家、規制当局、など)のニーズを満たした的確な財務レポートをタイムリーに作成・提供することが求められており、そのために、単体決算からレポーティングまでのend-to-endプロセスである決算業務(CCR)を効率化する必要があります。

 

デロイト トーマツの決算業務効率化支援サービス

  • フロント業務締めも含めた現行のデータ管理・収集・資料作成までのプロセスにおける標準化・簡素化・平準化などによる、決算業務効率化に係るアドバイス
  • グループ間取引照合プロセスの最適化を含む連結決算業務改善に係るアドバイス
  • 海外子会社の監査早期化を含む決算早期化に係るアドバイス
  • ERP展開・活用レベル向上、RPA導入、勘定照合・残高調整を自動化するERP周辺ツール等の導入に係るアドバイス
  • シェアードサービスセンター(SSC)構築に係るアドバイス
  • アナリティクスを活用した非効率業務の特定に係るアドバイス


(注)有限責任監査法人トーマツが監査を行っている関与先等につきましては独立性の観点からご提供できないサービスがございます。詳細は担当者までお問合せください。

 

プロジェクトアプロ―チ

デロイト トーマツによるこれまでの支援実績を踏まえ、効果的・効率的なプロジェクトの進め方として、以下のアプローチを推奨しております。

※画像をクリックすると拡大表示します

決算業務効率化サポートサービス、その他ファイナンシャルリスクに関するお問合せやご相談はこちら

≫お問合せフォーム≪ 

プロフェッショナル

鈴木 泰司/Taiji Suzuki

鈴木 泰司/Taiji Suzuki

有限責任監査法人トーマツ パートナー

1992年監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入社、1997年から2001年まで米国ロサンゼルス事務所駐在。日本基準, US GAAP, IFRSに係る監査・アドバイザリー業務に幅広く従事、IFRS導入業務に幅広い経験を有している。 2013年10月より、有限責任監査法人トーマツIFRS アドバイザリーグループリーダーを務めている。 ... さらに見る

庄司 芳彦/Yoshihiko Shoji

庄司 芳彦/Yoshihiko Shoji

有限責任監査法人トーマツ パートナー

大手家電メーカーの経営企画部門でのシステム導入や経営管理の実務経験を経て、大手監査法人・コンサルファームにおいて、Enterprise Performance Managementを主題とするグループ経営管理の高度化プロジェクトや、管理会計制度設計、会計・経営管理領域の業務・システム改革プロジェクト等を数多く手掛ける。会計・マネジメント・IT改革に関する基本構想からシステム導入・移行まで、全領域を... さらに見る