サービス

経営目標達成のための戦略リスクアドバイザリー

デロイト トーマツでは『戦略リスクマネジメント・フレームワーク』に基づき、企業経営に大きな影響を及ぼす重要リスクに対する強靭な態勢を構築するための様々なアドバイザリーをご提供しています。

戦略リスクマネジメントの必要性

経営環境の変化に伴い企業を取り巻くリスクは飛躍的に増大しています。例えば、マクロ経済動向や市場動向、複雑かつ不安定化を見せる政治情勢、世界各地での紛争、自然災害、FCPAやBribery Act等グローバルな規制強化の動き、顧客や従業員の価値観の多様化、IoT・AI・ロボティクス等に代表されるテクノロジーの革新など、企業の外部環境および内部環境は大きな変化にさらされています。
また、インターネットの普及に伴い、SNS等による情報拡散のスピードが飛躍的に増大しており、ミスやクレームへの対応不足や不祥事に即応できずに長年築いたブランドを失墜させる事例が相次いでいます。

こうした環境変化へ適時適切に対応できない企業は、中期経営計画や単年度計画の前提が崩れて想定外の損失を招いたり、規制違反により巨額の制裁金が課されたり、オペレーションミスにより安全性を脅かす事故が発生したり、それらが大きく報道されレピュテーションを毀損するなど、事業の根幹を揺るがす損失を被ることになります。

 

戦略リスクをマネジメントする

『戦略リスクマネジメント・フレームワーク』を活用し、戦略の実行に当たって、経営層にとっての重要リスクを想定範囲内に低減することが重要です。

<デロイト トーマツの代表的な戦略リスクアドバイザリーサービス>
・『戦略リスクマネジメント・フレームワーク』の導入
・経営戦略のリスク評価
・事業戦略のリスク評価
・健全なリスクテイク環境を実現するためのガバナンス最適化
・リスクアペタイト・フレームワークの導入

 

究極のリスクは「経営目標が実現できないリスク」

取締役会と経営陣で共有すべき究極のリスクは「経営目標が実現できないリスク」と考えられます。これは「経営計画に潜むリスク」と「経営計画達成を阻害するリスク」に分けることができます。

「経営計画に潜むリスク」について
・計画に定めた目標は実現性のある内容なのか
・計画の実行に必要な経営資源は十分に投入されているか
・計画の前提となる外部環境や内部環境が変化した場合にも目標は達成しうるのか

といった検討を実施し、そもそも計画自体に目標が未達となる可能性が含まれていないか検証します。また、グループ全体の経営戦略と個々の事業戦略に分けることで、より具体的にリスクを抽出することができます。

「経営計画達成を阻害するリスク」について
例えば組織設計、各種制度の整備・運用、人事、業務プロセス整備・運用、IT活用、組織風土の維持・改善といった経営活動の切り口に分解し、経営計画との不整合がないか、また各要素間の不整合がないか検討し、経営計画の遂行に支障をきたす可能性の有無を検証します。

デロイト トーマツの『戦略リスクマネジメント・フレームワーク』

リスクへ対処すべき組織を、3つのディフェンスラインモデルにあてはめて整理することにより、グループ全体のリスクマネジメント態勢を効率的かつ効果的なものにすることができます。このフレームワークを活用することにより、

・監督側の取締役会と執行側の経営陣で重要リスクの発生状況および管理状況を共有し続ける
・重要リスクの発生状況を測るKRI(Key Risk Indicator)と重要リスクの管理状況を測るKPI(Key Performance Indicator)を設定し、執行以下の第一ライン(事業部門)、第二ライン(管理部門)、第三ライン(内部監査部門)での最適役割分担のもと継続的にモニタリングを行う
・上記の仕組みが機能していることを監査を通じて確認し続ける

といった強靭なリスクマネジメント態勢の構築が可能となります。

画像をクリックすると拡大してご覧になれます

経営戦略のリスク評価

将来のダウンサイドリスクを評価する
現行の経営戦略を評価し、外部環境および内部環境のリスクファクターを特性したうえで、複数のリスクシナリオを適用した際のアップサイド/ダウンサイドの振れ幅を定期的に予測することで、早期に打ち手を講じることが可能となります。

 

事業戦略のリスク評価

新たな分野における不確実性を見極める
特に新規事業創出や海外進出において、外部環境および内部環境に起因するリスクを抽出し、市場推計や収支計画へ反映するとともに、事業スキームの調整、社内検討体制強化を行うことで、当該分野への投資に対するリターンの確実性を高めることが可能となります。 

健全なリスクテイク環境を実現するためのガバナンス最適化

取締役会と経営陣で重要リスクの認識を共有し、経営陣へ任せる範囲を明確にする
取締役会と経営陣で経営計画と重要リスクの最新状況を共有し、経営陣が任された範囲内で重要リスクおよびその他のリスクについて内部統制を構築・モニタリングする体制の構築により、経営陣が健全にリスクテイクできる経営環境が整います。また重要リスクに関するKPIやKRIを体系的に設定することにより、取締役や経営陣の目標設定や評価の透明性が向上することも期待されます。  

プロフェッショナル

二條 優介/Yusuke Nijo

二條 優介/Yusuke Nijo

有限責任監査法人トーマツ パートナー

デロイト トーマツ コンサルティングにて、不動産や小売・流通等の業界を中心に、事業戦略策定、Pre/Post M&A、ガバナンス強化、業務改善、制度対応(J-SOX/IFRS等)、CRE(企業不動産)戦略策定などのコンサルティング業務に従事。  2012年より現部門。金融、不動産、エネルギー、通信、情報サービス等の業界を対象に、リスクマネジメント・内部統制・内部監査等に関する数多くのプロジェクトマ... さらに見る