プロフェッショナル

花田 裕介/Yusuke Hanada

DT弁護士法人 弁護士

花田 裕介/Yusuke Hanada

東京都千代田区丸の内3-3-1

新東京ビル

日本

地図を見る

主な業務
人事労務案件、紛争案件及び一般企業法務の分野を主に担当している。特に労働紛争(訴訟、労働審判及び団体交渉を含む。)について豊富な経験を有しているほか、企業間契約紛争、不法行為訴訟、製造物責任訴訟、仲裁判断取消訴訟、破産事件等幅広い分野の裁判手続について経験を有している。また、これらの紛争案件の経験に基づき、予防法務の観点から国内外のクライアントに対して日常的な助言を行っている。デロイトグループ参画前は米国大手法律事務所の東京オフィスに勤務。

主な担当案件は以下のとおり。

  • 労働法務:雇用契約書・就業規則・同付属規程の作成・レビュー、解雇・退職勧奨を含む従業員の退職手続に関する使用者側へのアドバイス、従業員の残業代請求・精神疾患による休職・セクシュアルハラスメント・パワーハラスメント・労災事案等への対応
  • 国内紛争案件:労働紛争・企業間契約紛争・不法行為訴訟・製造物責任訴訟・仲裁判断取消訴訟等における企業の代理
  • 国際紛争案件:米国訴訟E-Discovery手続におけるドキュメントレビュー、外国の裁判所へ提出する日本法の解釈に関する意見書(英文)のドラフト、国際仲裁手続に関するアドバイス
  • M&A:国際的な案件における法務デュー・ディリジェンスの実施
  • 一般企業法務:取引基本契約書・業務委託契約書・秘密保持契約書等の各種契約書のレビュー・翻訳

学歴・職歴

2008年      慶應義塾大学法学部法律学科卒
2011年      慶應義塾大学法科大学院卒、司法試験合格
2019年     カリフォルニア大学バークレー校卒(LL.M.)、ニューヨーク州司法試験合格
2013年-2019年 外国法共同事業・ジョーンズ・デイ法律事務所
2019年-現在  DT弁護士法人

言語

日本語および英語

花田 裕介/Yusuke Hanada