ナレッジ

独立性

会計監査を祖業とし、その信頼を基礎とするデロイト トーマツにおいて、独立性の保持はあらゆる品質管理の基盤を成しています。独立性の基準は、法律、規制、職業上の要件、および社会からの要請によって形成されており、デロイト トーマツに属するすべての社員・職員はサービスの提供、取引関係、雇用関係、および金銭的利害に関連して独立性の方針および手順に従うことが求められます。デロイト トーマツでは、独立性品質管理手続や諸問題に対して適時・適切に対処できる体制を整えており、独立性品質管理システムは次のような特徴的要素から構成されています。

● グループ取引や独立性を保持すべきグループ会社のモニタリング
● 独立性関連規制や遵守状況レビューへの対応など
● 独立性関連の研修および啓蒙活動
● 独立性ルール違反の発見、分析および懲罰規定の適用
● ビジネス関係の評価とそのモニタリング
● 契約の締結とそのモニタリング
● 非監査報酬比率のモニタリング
● 全社員およびプロフェッショナル職員に対してGIMS※登録を義務付け
● 独立性ルール遵守のための予防的対応
● 社員および職員の金銭的利害関係及び雇用関係のモニタリング
● 社員ローテーションのモニタリング
● 随時コンサルテーション受付
● 法人検索準拠システムの運用
● 独立性年次確認の実施

※GIMS(グローバル独立性モニタリングシステム)
個人の金銭的利害を登録することにより、制限銘柄の保有による独立性要件への抵触を防ぐためのアプリケーションシステム。独立性ルール違反の予防を目的として、証券会社等金融機関の口座情報(金融商品の情報)とGIMS とを自動連携するFIDIP(Financial Institution Data Import Program)を運用しています。FIDIP による自動連携を行うことにより、GIMS 登録の作業時間を削減するとともに、GIMS 入力時のエラーや遅延を防ぐことが可能となります。

デロイトネットワークにおいては、複数の法域で同じクライアントにサービスを提供することがあり得ます。このため、デロイト トーマツが新規のクライアントを受け入れるか、或いは、既存のクライアントとの新規契約を受け入れるかを検討する際に、該当するすべての法域において独立性要件を考慮しなければなりません。また、既存の監査クライアントに関しては、デロイトネットワークに属する他の国・地域のファームと当該監査クライアントとの関係(非監査サービスの提供状況等)という点からも、独立性への影響の有無を評価することが義務付けられています。

click on the image learn more
お役に立ちましたか?