ニュースリリース

デジタル変革支援ツール「WellMe™」を活用した組織変革コンサルティングを本格的に開始

リアルタイムデータをもとに変革浸透度を可視化し、課題特定と施策立案で企業の変革を支援

2020年9月29日

デロイト トーマツ グループのデロイト トーマツ コンサルティング(東京都千代田区、グループCEO:佐瀬真人、以下DTC)は、デジタル変革支援ツール「WellMe™」を活用した組織変革コンサルティングを本格的に開始しました。

DX、仕事のリモート化、事業の刷新等、企業や組織はさまざまな変革を迅速に行うことが求められています。企業があるべき未来を描き、その道筋を進むには変革の担い手である社員の意識改革・行動改革が肝要です。そのためには、メンバー一人一人に着目し、チーム及び会社全体でそれぞれの変革の浸透度合いを可視化することにより、適切な施策を打ち、モニタリングによってさらに必要な施策を継続的に講じる必要があります。
DTCはメンバーの行動変容によって組織及び企業の変革を加速していくことを目指し、リニューアルしたデジタル変革支援ツール「WellMe™」とプロフェッショナルによる知見を活かしたコンサルテーションを提供していきます。

 

ニュースリリース(769KMB)

WellMe™の特徴

WellMe™は企業の変革活動の促進、管理、効果検証のための変革支援ツールとしてリニューアルされ、Check-In(一人一人の育成のための高頻度コミュニケーション&フィードバック)、Pulse Survey(簡易アンケート)、SnapShot(評価ツール)、Thanks point(感謝を気軽に伝えるコミュニケーションツール)、及びそれらを俯瞰するダッシュボードの5つの機能で構成しています。

WellMe™の特徴
クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

5つの機能で組織の様々な階層で起こっていることを把握可能にし、変革を推進
Check-Inでマネジャーと部下が行うコミュニケーション内容を、Pulse Survey で各メンバーの意識と行動の改革度合いを、SnapShotで組織全体の変革状況を、そしてThanks Pointで組織全体の貢献状況を可視化します。また、ダッシュボードによって、これらを様々な切り口からリアルタイムで可視化します。経営、マネジメント(管理職)、メンバー、それぞれの階層で意識や行動の状況を明らかにし、変革推進に向けて問題が発生している箇所と状態を特定、それに当社のコンサルテーションを加えることで、タイムリーに的確な対策を取り、組織変革を進めます。

企業に必要なあらゆる変革を加速
WellMe™を活用し、中期経営計画の浸透や、DXの実現度、働き方改革などさまざまな変革を加速させることができます。

WellMe™活用方法
クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

【当社での実証実験】
緊急事態宣言発令下、十分な準備がなく100%リモートワークをせざるを得なった当社の組織人事コンサルティング部門内で、5週間にわたりWellMe™を活用してメンバーのエンゲージメントの状況を見える化し、不安・ストレス・孤独を軽減させるための取り組みを実施しました。
Pulse Surveyの回答結果では、不安・ストレスを感じる人の悪化を止めるだけではなく、数値を改善することができました。このCOVID-19という劇的な環境変化においても、メンバーの心理状況と組織内のコミュニケーションが把握でき、的確な問題発見と施策を行うことができました。
 

WellMe™実証実験
クリックまたはタップすると拡大版をご覧になれます

WellMe™の開発には、Salesforceに関する豊富なノウハウと技術をもつ株式会社テラスカイが参画し、株式会社セールスフォース・ドットコムのクラウドプラットフォームにて提供されています。

<報道機関の方からの問い合わせ先>

デロイト トーマツ グループ 広報担当 真木・菊池
(デロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社)
Tel: 03-6213-3210
Email: press-release@tohmatsu.co.jp

デロイト トーマツ グループは、日本におけるデロイト アジア パシフィック リミテッドおよびデロイトネットワークのメンバーであるデロイト トーマツ合同会社ならびにそのグループ法人(有限責任監査法人トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人、DT弁護士法人およびデロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社を含む)の総称です。デロイト トーマツ グループは、日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであり、各法人がそれぞれの適用法令に従い、監査・保証業務、リスクアドバイザリー、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、税務、法務等を提供しています。また、国内約30都市以上に1万名を超える専門家を擁し、多国籍企業や主要な日本企業をクライアントとしています。詳細はデロイト トーマツ グループWebサイト(www.deloitte.com/jp)をご覧ください。

Deloitte(デロイト)とは、デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(“DTTL”)、そのグローバルネットワーク組織を構成するメンバーファームおよびそれらの関係法人(総称して“デロイトネットワーク”)のひとつまたは複数を指します。DTTL(または“Deloitte Global”)ならびに各メンバーファームおよび関係法人はそれぞれ法的に独立した別個の組織体であり、第三者に関して相互に義務を課しまたは拘束させることはありません。DTTLおよびDTTLの各メンバーファームならびに関係法人は、自らの作為および不作為についてのみ責任を負い、互いに他のファームまたは関係法人の作為および不作為について責任を負うものではありません。DTTLはクライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。

デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの関係法人は、それぞれ法的に独立した別個の組織体であり、アジア パシフィックにおける100を超える都市(オークランド、バンコク、北京、ハノイ、香港、ジャカルタ、クアラルンプール、マニラ、メルボルン、大阪、ソウル、上海、シンガポール、シドニー、台北、東京を含む)にてサービスを提供しています。

Deloitte(デロイト)は、監査・保証業務、コンサルティング、ファイナンシャルアドバイザリー、リスクアドバイザリー、税務およびこれらに関連するプロフェッショナルサービスの分野で世界最大級の規模を有し、150を超える国・地域にわたるメンバーファームや関係法人のグローバルネットワーク(総称して“デロイトネットワーク”)を通じFortune Global 500®の8割の企業に対してサービスを提供しています。“Making an impact that matters”を自らの使命とするデロイトの約312,000名の専門家については、(www.deloitte.com)をご覧ください。