${title}

気候変動に対処する時間は刻一刻と過ぎ去っています。しかし、気候変動対策は日本の経済を疲弊させるどころか、むしろGDPを大幅に押し上げ、驚異的な成長を加速させると日本の報告書は示しています。 

 

脱炭素化が新たな経済のエンジンと言われる中、日本は、この世界的な変革のためのスキル、技術、イノベーションを提供する上で重要な役割を果たしています。 


ただちに今後数十年にわたる大胆な変革を開始することで、気候変動による最悪の事態を回避できます。 


気候危機への対応が、巨大な経済成長機会を生み出すのです。

私たちは、今、ターニングポイントにいるのです。


>> 気候変動に関する最新レポート発行のお知らせ

${buttonText}

日本のターニングポイント

気候変動アクションが経済の先行きを左右する
This is a video component.

Report insight

APAC

レポートハイライト

${description}
${type1}

経済的責務-日本のターニングポイント

気候変動に対する作為/不作為がもたらすコスト

${type2}

機会と影響

日本は今、重大なターニングポイントに直面している

${type3}

今が行動するときです—accelerating to zero

4フェーズで、日本の経済と気候の未来を形作る

Dive into the data

${description}

Contact us

${description}
勝藤 史郎/Shiro Katsufuji

マネージングディレクター/リスクアドバイザリー

達脇 恵子/Keiko Tatsuwaki

サステナビリティリーダー・パートナー/リスクアドバイザリー

庵原 一水/Issui Ihara

パートナー/コンサルティング

${name4}

${role4}