サービス

国際開発アドバイザリーサービス

デロイト トーマツ グループは国内外における専門性、経験、ネットワークを最大限に活用しながら、日本政府拠出の政府開発援助(ODA)事業を中心とした国際開発アドバイザリーに積極的に取り組み、開発途上国の発展及びODAを通じた日本企業や日本の優れた技術の海外展開を支援しています。

関連コンテンツ

サービス概要

政府開発援助(ODA)とは、開発途上国の経済・社会の発展や福祉の向上に役立つために行う資金(無償・有償)、技術協力等による公的資金を用いた協力のことを指します。開発援助ODAは、開発途上国における貧困削減や経済発展を支援するという意味で、慈善事業としての性格も持っていますが、それだけではなく、開発援助ODAによる支援により、開発途上国の発展や安定が実現することは、紛争予防や環境問題の軽減にもつながるものであり、結果的に支援側や全地球規模での利益をもたらす可能性もあります。さらには、最近では、ODAを通じて、日本の優れた製品や技術を途上国の支援に役立てることが行われており、これらは日本企業やその技術の海外展開を後押しする意味でも大きな効果をもっています。

デロイト トーマツ グループでは、これまで長年に亘り、国際協力機構(JICA)等によるさまざまなプロジェクトへの参画を通じて、日本政府のODA事業の実施に関わり、開発途上国の発展に貢献してきました。また、世界各国のメンバーファーム・デロイトにおいても、世界のさまざまなドナーによるODAや民間主導による国際開発アドバイザリー事業に関わり、世界各地において、国際協力事業に携わっています。デロイト トーマツ グループはこれからも、国内外のデロイトメンバーファームの専門性、経験、ネットワークを最大限活用しながら、日本政府拠出のODAを中心とした事業に積極的に取り組み、開発途上国の発展およびODAを通じた日本企業や日本の優れた技術の海外展開支援に携わって参ります。

国際開発アドバイザリーサービスラインナップ

出典:デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社作成

デロイト トーマツ グループ内の連携力を活かし、多様化する途上国の重要な開発課題に対して誠実に向かい合い、創造的で先見性に富んだサービスを提供します。

実績:デロイト トーマツ グループが携わった国際開発アドバイザリー業務の一例

出典:デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社作成