サービス

工事原価の付替や繰延のリスクがあるプロジェクトを識別

Audit Analytics事例

工事進行基準の適用プロジェクトについて、工期進捗率と原価進捗率を可視化し、全体感を把握しつつリスクの高いプロジェクトを識別します

工事支出金 工事原価分析(進行基準)

目的

工事進行基準の適用プロジェクトについて、工事原価の付替、繰延のリスクのあるプロジェクトを識別する

分析内容

原価進捗率(%)、工期進捗率(%)の推移を視覚化し、原価発生状況を把握することで、工事原価の発生状況を把握する

利用データ

工事支出金データ 等

適用のメリット
  • 工事進行基準を適用しているプロジェクトの傾向やビジネスの全体像が把握できる
  • 遅延、原価振替発生状況の推移を可視化することで、不正リスクの高いプロジェクトを効果的に識別できる
  • 見積の妥当性や赤字受注等のビジネスリスクを識別でき、クライアントに新たな付加価値を提供することが可能となる
     

進行基準プロジェクト別 原価進捗分析

Deloitte Analytics について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

>>デロイトアナリティクス:トップページ  >>5つのサービス特徴  >>サービスメニュー  >>最新レポート  >>事例  >>最新動向  >>外部リンク集  >>採用ページ

 

Deloitte Analytics へのお問い合わせ

サービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 
>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。