サービス

店舗の経過年数を軸に投資回収率を把握し、全体傾向から乖離している店舗を識別

Audit Analytics事例

店舗毎の投資回収率と開店後経過年数の関係を把握することにより、将来の減損リスクを有する店舗を識別します

店舗投資回収率分析

目的

投資回収傾向が全体から乖離する店舗を識別し、潜在的な減損リスクが高い店舗を把握する

分析内容

店舗毎の投資回収率、開店後経過年数の分布状況を表示することにより、相対的に収益性が低く、潜在的な減損リスクのある店舗を識別する

利用データ
  • 店舗別損益データ(※)
  • 固定資産台帳データ(※)
  • 店舗マスタ
  • 減損実績店舗リスト 等

※複数年度分のデータを使用

適用のメリット
  • 既に閉店した店舗も含め、各店舗の過去の同一時点毎の投資回収状況を集計することにより、会社の店舗減損や出店計画についての説明の合理性を確かめることが可能となる
  • 開店からの経過年数と投資回収率(リニューアル等による追加投資も考慮)との関係を視覚化することにより、潜在的な減損リスクのある店舗の識別が可能となる
  • 他に比して回収率の良い店舗を識別し、その成功要因(パフォーマンスドライバー)を分析することで、クライアントに新たな付加価値を提供することが可能となる

店舗年齢による投資回収率の分析

店舗単位の投資回収率の分析

Deloitte Analytics について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

>>デロイトアナリティクス:トップページ  >>5つのサービス特徴  >>サービスメニュー  >>最新レポート  >>事例  >>最新動向  >>外部リンク集  >>採用ページ

 

Deloitte Analytics へのお問い合わせ

サービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 
>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。