サービス

Audit Analytics:子会社リスク評価分析

企業のビジネスや環境に応じた分析を行い、 グループ内でリスクが高い子会社の把握を可能にする

動画を見る

複雑化するビジネスや環境に対応したリスク評価で、リスク領域を浮き彫りにする

近年、M&Aの増加や事業展開の拡大等により、子会社数は急速に増加しています。また、物理的な距離の制約や、利用システムや企業規模の相違など複数の要因が重なることで、グループ管理上のリスクへ対応するための子会社管理の複雑度は日々高まっています。

トーマツは、会計・監査やビジネスの知見と、データ分析の知見を総合し、個々の会社が持つリスクを視覚化する子会社リスク評価分析を監査に導入しています。リスクが高まっている要素別の原因分析はもちろん、リスクを数値化することで、総合的にリスクが高い子会社の把握を可能にしています。

(274KB,PDF)

複雑化するビジネスや環境に対応したリスク評価で、リスク領域を浮き彫りにする

近年、M&Aの増加や事業展開の拡大等により、子会社数は急速に増加しています。また、物理的な距離の制約や、利用システムや企業規模の相違など複数の要因が重なることで、グループ管理上のリスクへ対応するための子会社管理の複雑度は日々高まっています。

トーマツは、会計・監査やビジネスの知見と、データ分析の知見を総合し、個々の会社が持つリスクを視覚化する子会社リスク評価分析を監査に導入しています。リスクが高まっている要素別の原因分析はもちろん、リスクを数値化することで、総合的にリスクが高い子会社の把握を可能にしています。

(274KB,PDF)
子会社リスク評価分析の進め方
※クリックで別ウィンドウ拡大表示

リスクを数値化し、スコアリングすることで総合的にリスクの高い会社を識別可能

正常な範囲から逸脱し、リスク要素が存在すると判断した会社について、リスクスコアを付与していく手法もあります。

設定した指標ごとにスコアを付与していくことで、スコアの総合点が高い会社、すなわち、複数の要素において、リスクが存在すると想定される会社を識別することが可能になります。また、財務データのみでなく、「予算の達成状況」や「人事ローテーション情報」といった非財務データもスコアリングに含めることが可能です。

多数のグループ会社を有する企業においては、総合的にリスクの高い会社を識別することで、監査資源を優先的に投入すべき子会社を特定することができ、効果的かつ効率的なグループ監査の実現を助けます。

リスクスコアリングモデル
※クリックで別ウィンドウ拡大表示

Audit Analytics について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

>>Audit Analytics 概要  >>Audit Analytics サービス内容 
>>Audit Analytics 事例集

Deloitte Analytics へのお問い合わせ

サービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、

下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。

お気軽にお問い合わせください。

>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

この記事のプロフェッショナル

矢部 誠/Makoto Yabe

矢部 誠/Makoto Yabe

有限責任監査法人トーマツ パートナー

外資系金融機関等での勤務を経て、2005 年に有限責任監査法人トーマツに入社。金融機関、製造業、流通業等に対するデータ活用による顧客管理、収益改善・コスト最適化サービス、不正調査支援サービスを含む多数の監査・コンサルティング業務に従事。2012 年にデロイトアナリティクスを立ち上げ、デロイト トーマツ グループが提供するあらゆるサービスへのアナリティクス適用を主導するとともに、先進分析手法やビッグ... さらに見る