サービス

Audit Analytics

Audit Analyticsは、従来の監査では活用されていなかった関与先の財務・非財務データを様々な属性情報や外部データと組み合わせて分析・視覚化し、監査人の経験則では捉えられない相関や傾向・推移を識別することで、効率的かつ効果的な監査を実現するデロイトの先進的な手法です。

データ活用による監査の変革が監査体験を変える

Audit Analyticsは企業の進化に対する我々の答です

昨今の技術進歩や国際化により、企業のビジネスモデルは急速に変化しています。その結果、取引は複雑化・膨大化し、会計上のリスクは増大しています。

監査手法は、企業とともに進化しなければなりません。そのために、我々はAudit Analyticsの開発・普及に注力してきました。

会計上のリスクを識別するためには、企業が所有するデータをどのように分析に活用すべきでしょうか。効果的かつ効率的に不正取引を識別するためには、サンプルベースによる検証から全データを用いた分析へどのように転換すべきでしょうか。監査を通じて、将来のリスクや機会を把握する高付加価値なサービスを提供するためには、データをどのように用いるべきでしょうか。

我々デロイトアナリティクスは、インダストリーを問わず300社以上の監査にAudit Analyticsを導入することで、これらの疑問に答えてきました。我々が提供しているAudit Analyticsのソリューションは、伝統的なコンピュータ利用監査技法(CAAT:Computer Assisted Audit Techniques)や仕訳テスト(JET:Journal Entry Testing Methods)にとどまりません。

Audit Analyticsは、統計モデルやデータビジュアライゼーションを適用することで、不正取引の識別(Example1:取引全量を一度に分析・視覚化し、不正の兆候を識別)や、経営者の意思決定を支援する洞察の提供(Example2:店舗の経過年数を軸に投資回収率を把握し、全体傾向から乖離している店舗を識別)、プロジェクトのリスク分析(Example3:工事原価の付替や繰延のリスクがあるプロジェクトを識別)を可能とします。

また、監査計画や監査報告の場で、タブレットやタッチスクリーンを用いながらデータビジュアライゼーションを活用し、インサイトに踏み込む協同的なアプローチに対し、企業からポジティブな意見を得てきました。

これらはAudit Analyticsの適用事例の一部です。ご覧いただき、是非あなたのご意見をお聞かせください。監査の将来について話し合いましょう。Analyticsを監査に適用することに関して、あなたの考えや期待は何ですか?

高品質な会計監査への取り組みについて日経ヴェリタスにトップインタビューが掲載

アナリティクスの活用と人材育成等により高品質な監査へ

有限責任監査法人トーマツ 包括代表 觀恒平は、日本経済新聞社の取材に応え、高品質な監査への取り組みとして、監査業務へのAudit Analyticsの活用や人材育成等の施策を説明しました。

>>記事はこちら(外部サイト)

Deloitte Analytics について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

>>デロイトアナリティクス:トップページ  >>5つのサービス特徴  >>サービスメニュー  >>最新レポート  >>事例  >>最新動向  >>外部リンク集  >>採用ページ

 

Deloitte Analytics へのお問い合わせ

サービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 
>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。