サービス

取引全量を一度に分析・視覚化し、不正の兆候を識別

Audit Analytics事例

管理職や営業担当者が不適切な処理を行った場合に現れる傾向や兆候を、データに基づいて徹底的に検討し、リスク領域を絞り込みます。

担当者別販売取引分析

目的

不正の実行主体に着目することで、不適切な処理による傾向や兆候を識別し、効果的なリスク評価を実現する

分析内容

事業所別や管理職/営業担当別の売上高と返品額(率)、値引額(率)、粗利額(率)等を月次推移を含めて一覧で視覚化し、通例でない傾向を示す母集団を識別する

利用データ

  • 販売管理データ
  • 原価データ 等

適用のメリット

  • 経営者からの指示・プレッシャーを受けた管理職や営業担当者が不適切な処理を行った場合、各担当者別の指標には他者と違った傾向や兆候が上記の数値・指標に現れることが多い。そういった傾向を利用してリスクエリアを絞り込むことで、効果的な不正リスク対応手続が可能になる
  • 大量の処理データを可視化することで網羅的な部署単位、担当者単位の伝票処理の理解が深まる
  • 過去に発生した不祥事をもとに、同様の傾向にある担当者の識別が把握可能になる

返品率が高い担当者に対する月次推移分析

Deloitte Analytics について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

>>デロイトアナリティクス:トップページ  >>5つのサービス特徴  >>サービスメニュー  >>最新レポート  >>事例  >>最新動向  >>外部リンク集  >>採用ページ

 

Deloitte Analytics へのお問い合わせ

サービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 
>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。