Analysis

詳解 民事信託 実務家のための留意点とガイドライン

Explore content

本書は、公益財団法人トラスト未来フォーラムにおいて、2016年7月から2017年7月まで開催した民事信託研究会の研究の成果として収録したものです。

近年、家族の一人が受託者となり、高齢者の財産管理や財産承継を目的とする信託が急増していますが、その普及とともに、弊害が散見されるようになってきています。

上記の研究会では、このような状況の中で、民事信託の今後の進展を視野に入れつつ、民事信託の中核を担うべき営業信託の受託者の業務、さらには、非営業信託における受託者をはじめ、アドバイザーや信託関係人の担い手としての業務についての在り方を検討し、現在の民事信託へのニーズに対する適切な対応方法についての研究を行いました。そして、本書は、各執筆者が、その研究をさらに進めて執筆したものです(本書「はしがき」より)。

本書の目次は以下の通りです。(1)信託に関する法律の基礎、(2)民事信託の現状、(3)高齢者のための民事信託の留意点、(4)遺言、成年後見、保険と信託、(5)民事信託における民法の適用、(6)民事信託におけるクロスボーダー取引、(7)家族信託におけるアドバイザー業務の法的位置づけ、(8)民事信託の今後の在り方、(9)アメリカにおける民事信託。

 

書名  詳解 民事信託実務家のための留意点とガイドライン
出版  日本加除出版株式会社
著者  田中和明ᅠ編著(北村豊他)
価格  本体3,500円+税
発売日 2018年7月
ISBN  978-4817844859


 

Explore content

Did you find this useful?