自動化の時代がやってきた…では労働者はどうなる?

ナレッジ

自動化の時代がやってきた…では労働者はどうなる?

新しい労働エコシステムのために企業がやるべきこと

ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA) は、企業が生産性向上を推進する上で大きな可能性を秘めています。組織の成功のカギとなるのは、このイノベーションによる変化を受け入れ、そこから生まれる価値を最大化できるように従業員のあり方を見直すことにあります。

関連コンテンツ

RPA導入にあたっての検討のポイント

本レポートでは、組織にロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)を導入する際のロードマップについて説明しています。現在世界で進展する自動化を労働エコシステムの一部として捉えない企業は、効率性やサービスの質の向上、リスク低減、イノベーション、そして究極的には成長のチャンスを逃すことになるでしょう。

自動化の時代がやってきた…では労働者はどうなる?[PDF: 1.38MB]

本レポートから得られること

  • どのようなプロセスがRPAに適しており、RPAが労働力にどのような影響を与えるのかを理解することができます。
  • 適切なチェンジ・マネジメントやガバナンス・プロセスを確立し、RPA導入のために効果的に上層部を巻き込むための方法が分かります。
  • 役割と責任を明確に定義した組織設計を行い、新しい労働エコシステムに適用する計測可能な目標設定を行う方法が分かります。
  • 継続的な改善を続け、可能な限りのベストな結果を生み出すための、従業員のパフォーマンス・マネジメントの方法について理解することができます。 

このレポートをご覧いただくことで、自動化により何がもたらされるのか、また、ビジネスにどのような影響を与えるのかについて、理解を深めて頂くことができます。

お問い合わせ

自動化の進展に伴い、従業員にどのような準備をさせるべきかについてより詳しくお知りになりたい方は、画面右側の「お問い合わせ」のリンクよりご連絡ください。

お役に立ちましたか?