ナレッジ

静脈産業に求められる変革

鉄鋼・非鉄金属業界向け Newsletter「Next Stage」Vol.18

静脈産業に求められる変革

本号では「静脈産業に求められる変革」と題し、金属素材業界の中で重要な位置づけであるスクラップ原料に悪影響を及ぼす課題の抽出と、解決に向けた施策の提言を行いました。

世界経済で経済成長と環境負荷軽減の両立が求められる中、欧州ではサーキュラーエコノミーを双方の両立のための施策としてだけでなく、静脈産業と官民が一体となった競争戦略としても位置付けています。日系金属企業においても、動脈産業だけでなく、静脈産業を含めた戦略構築が求められています。

金属産業の中でも、原料を金属スクラップに依存する電炉メーカーは、静脈産業と動脈産業をつなぐ最も重要な立ち位置にいます。今回はこの電炉メーカーが置かれている環境を整理・分析した結果、電炉メーカーに悪影響を及ぼす喫緊の課題として、金属スクラップの「規格の運用ルール未整備」と「選別技術の適用遅れ」の2点があることを明らかにしています。

これらの課題について、これまでの分析と、海外事例との比較をしたうえで、金属素材業界がとるべき施策について「規格の運用ルールの厳格化」と「先進技術導入による付加価値向上」を提言しております。
(Oil Gas & Chemicals / Mining & Metals Sector Vol.18 2018年9月発行)

【目次】

•はじめに

•静脈産業の現状

•電炉メーカーの置かれている環境

•海外事例から見る示唆

•金属スクラップ市場への提言

•おわりに

※ Newsletter「Next Stage」をご希望の方は、お名前、ご連絡先、Vol.番号、部数、をご記載の上問い合わせフォームよりご連絡下さい。

お役に立ちましたか?