ナレッジ

Strategy insight for chemical industry 素材・化学メーカーの経営管理変革の方向性

化学業界向けNewsletter「扉」vol.28

素材・化学メーカーにおける全社的な経営管理改革について論じる

Strategy insight for chemical industry 素材・化学メーカーの経営管理変革の方向性

本号では「Strategy insight for chemical industry 素材・化学メーカーの経営管理変革の方向性」と題し、素材・化学メーカーにおける全社的な経営管理改革について論じております。

グローバリゼーションの揺り戻しや技術革新により、素材・化学業界を取り巻く環境の不確実性を増し、また、中国を筆頭とした新興企業の台頭により高付加価値品市場のコモディティ化が進んでいます。          

本稿ではこのような環境下において、化学・素材メーカーに求められる変革点として「グローバルで一元化されたファクトベースの意思決定」「衆知を集めるインテリジェンス機能の高度化」の2点を挙げ、その詳細について論じております。さらにこれらの変革により目指すべき全体像、変革におけるアプローチについてもあわせて論じております。

(Process Sector Newsletter「扉」vol.28 2020年2月発行)

【目次】

  • 不確実性の高い環境下における機会・リスクの見極めの難しさ
  • 日系素材・化学メーカーに求められる対応
  • 変革の方向性
  • あるべき経営管理の全体像
  • 日本企業の現在地
  • 変革アプローチ
  • 今こそ取り組むべき理由
  • おわりに

※ Newsletter「扉」をご希望の方は、お名前、ご連絡先、Vol.番号、部数、をご記載の上問い合わせフォームよりご連絡下さい。

お役に立ちましたか?