ナレッジ

Industry Eye 第2回 マニュファクチャリング(化学セクター)

DTFA化学セクターサーベイ2014からのインサイト

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー株式会社のインダストリースペシャリストが各インダストリーを取り巻く環境と最近のM&A動向について、法規制や会計基準・インダストリーサーベイ等を織り交ぜながら解説する「Industry Eye」。第2回は日本の化学企業を対象に実施した意識調査の結果をもとに、化学セクターの動向について解説します。

関連コンテンツ

はじめに

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)化学セクターでは、2013年11月~2014年3月にかけて、日本の化学企業(数十社)を対象に意識調査を実施した。質問項目は、経営上の優先課題やM&A戦略など26項目にわたる。ここでは、化学セクターの動向についてサーベイ結果の一部をご紹介しながら、著者のインサイトを述べたい。

続きは添付ファイル[PDF]をご覧ください。

 

次号記事
>>  第3回マニュファクチャリング(自動車セクター):「自動車業界の最新動向~業界を取り巻くリスク」

[PDF: 81KB]

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
マニュファクチャリング(化学セクター)担当 
シニアヴァイスプレジデント 松本鉄也

(2014.07.28)
※上記の社名・役職・内容等は、掲載日時点のものとなります。

執筆者

関連サービス

Industry Eye (記事一覧)

ファイナンシャルアドバイザリーメールマガジン連載記事
各インダストリーを取り巻く環境と最近のM&A動向について、法規制や会計基準・インダストリーサーベイ等を織り交ぜながら解説します。

お役に立ちましたか?