ナレッジ

Industry Eye 第3回 マニュファクチャリング(自動車セクター)

自動車業界の最新動向~業界を取り巻くリスク

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー株式会社のインダストリースペシャリストが各インダストリーを取り巻く環境と最近のM&A動向について解説する「Industry Eye」。第3回は、自動車業界各社の動向と最新のトピック(米国民事訴訟やカルテル摘発など)について解説を行う。

関連コンテンツ

はじめに

自動車業界では、新興国での現地生産化、コスト削減のための部品のモジュール化、環境対策として新しいエネルギーを用いた次世代自動車の開発、部品の電装化など、マーケット・技術の両側面で著しく経営環境が変化している。

また、海外での事業展開が加速するなか、米国におけるセットアップメーカーを対象とした知財/特許訴訟やクラスアクションでの民事訴訟、部品サプライヤーに対するカルテル摘発など、グローバルレベルでの法規制上のトラブルに見舞われ、巨額の賠償金等の支払いを命じられるケースを報道等で数多く見かけるようになった。

本稿では、このような環境下における自動車業界各社の動向と最新のトピック(米国民事訴訟やカルテル摘発など)について解説します。

なお、本文中の意見や見解に関わる部分は私見であることをお断りする。

続きは添付ファイル[PDF]をご覧ください。

 

次号記事
>>  第4回 商社 「インフラ投資の重要性が拡大する総合商社」 

(246 KB, PDF)

Industry Eye (記事一覧)

ファイナンシャルアドバイザリーメールマガジン連載記事
各インダストリーを取り巻く環境と最近のM&A動向について、法規制や会計基準・インダストリーサーベイ等を織り交ぜながら解説します。

お役に立ちましたか?