ナレッジ

スマートホームへ“スイッチ”する未来

デロイトコンシューマーレビュー

デロイトが英国で実施した調査によると、過半数の消費者がコネクテッドデバイスを所有している一方、スマート家電の普及率は依然として低いことが明らかとなった。スマート家電の有用性は理解されているものの、消費者が積極的な購買行動に至るには、まだ多くの障壁が存在する。本レポートでは、スマートハウスの最新動向と、消費者におけるIoTの活用状況について、我々の分析結果を紹介する。

関連コンテンツ

スマートホームへ“スイッチ”する未来

デロイトが英国で実施した調査によると、過半数の消費者がコネクテッドデバイスを所有している一方、スマート家電の普及率は依然として低いことが明らかとなった。消費者は「モノのインターネット」(IoT)の潜在的価値を認識しているものの、積極的な購買行動に至るには、高価格と実用性への懸念が障壁となっている。
本レポートでは、デロイトが実施した調査結果を幾つかのテーマに分けて紹介し、スマートハウスの実現に向けた課題やIoTの普及によって広がるであろうビジネスチャンスについて考察する:

  • ますます繋がる世界へ
  • IoTの認知度と購入意欲
  • IoTのメリットに対する消費者の評価
  • 消費者側の購入障壁とコミュニケーションや啓発の必要性
  • 人気の高い購入チャネル
(1.3MB, PDF)
お役に立ちましたか?