最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ『Brexit Newsletter (UK) - vol.109』

(2019年8月21日)

先週までに、英国では、労働党のJeremy Corbyn 党首による内閣不信任案の提出計画の公表や、英国議会の同意のないまま合意なき離脱が行われることを阻止するためのJohn Bercow 下院議⾧の発言や訴訟手続ど、合意なき離脱を回避を意図した様々な動きがあった。

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

先週までのBrexit、欧州の政治および経済に関する主な動きは以下の通りである。

  • Johnson 首相は、EU は良識に基づき、離脱協定案の変更に合意すべきだと述べた。EU 側は、アイルランド国境に関するバックストップ案の削除要求は受け入れられないとしている。
  • ランカスター公領尚書であるMichael Gove 氏は、EU は新たな離脱協定について英国と交渉することを拒絶しているように思えると述べた。
  • 欧州委員会は、英国が自らの立場を明確にしたいと望むのであれば、協議に応じる用意があるとしている。
  • Financial Times 紙は、内閣不信任案が可決された場合、Johnson 首相は総選挙の実施を10 月31 日のEU 離脱後とする可能性があると報じている。
  • 離脱前に総選挙を実施する時間的猶予がないことから、合意なき離脱に反対する議員たちは挙国一致内閣を樹立し、EU 側にリスボン条約第50 条の発動延期を申し入れることで、総選挙実施のための時間を確保することに望みを託している。
Brexit Newsletter(UK) -vol.109 (PDF, 740KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?

関連トピック