Brexit Newsletter (UK)-vol.25

最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) - vol.25』

解答と解説付きのBrexitに関するChristmas Quizをお届け(2016年12月13日)

先週のBrexitに関する動きとして、EU側の主席交渉官が初めて記者会見を開き、英国のEU離脱に対する姿勢を明確に示した。また2016年の締めくくりとして、本号ではBrexitに関するChristmas Quizを掲載している。(解答は末尾および詳細資料に掲載、解説は詳細資料に掲載)

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

先週は、EU 側の主席交渉官が初めて記者会見を開き、「離脱通知がない限り交渉は始まらない」、「いいとこ取りの選択肢はない」、「冷静さを保って交渉する」などと述べ、英国のEU 離脱に対する姿勢を明確に示した。

今週は、Brexitに関連するChristmas Quizをお届けします。

Quiz 1. 次のG7諸国のうち、2016年の成長率が最も高くなると見込まれているのはどの国か。

1) 米国
2) 英国
3) ドイツ
4) 日本

Quiz 2. 次のうち、Economist誌の住宅取得能力指数において、住宅市場がもっとも低く(安く)評価されているのはどの国か。

1) カナダ
2) 英国
3) オーストラリア
4) ドイツ
5) 日本

Quiz 3. 英国のBrexitに関する投票結果には、大きな反応があった。次の人物(選択肢群1)とその発言(選択肢群2)を正しく組合せよ。

選択肢群1

A) Alex Tsipras
B) Donald Trump
C) George Soros
D) Geert Wilders
E) Mark Rutte
F) Francois Hollande

選択肢群2

i. 「多くの人が恐れていた悲劇的なシナリオが現実となった。EUの崩壊は実質的に覆せない。」
ii. 「英国はBrexitを決めた。ハードな離脱交渉になるだろう。我々は、EUを離脱したいという英国の意思を尊重し付き合わなければならないし、断固とした強い態度を示さなければならない。」
iii. 「Brexitは、奈落の底に向っている夢遊病者へのモーニングコールだ…英国人のせいにしてはいけない…テクノクラートの傲慢な言葉が人々を怒らせたのだ。欧州懐疑主義に対する防壁を築くには、さらに改革を推し進める必要がある。」
iv. 「英国は崩壊してしまった。政治的にも、構造的にも、経済的にも。」
v. 「素晴らしいことが起こった。驚くべき投票結果であり、とても歴史的なことだ。私たちは幸せだ。」
vi. 「英国万歳!次はわれわれの番だ。」

Quiz 4. UBSは定期的に世界各地で高級品の価格を調査している。10月に、Louis Vuittonのハンドバッグ(Speedy 30)が米ドル建てでもっとも安かったのはどこか。

1) 中国
2) フランス
3) 米国
4) ロンドン

Quiz 5. サプライズの多かったこの1年において、英国のブックメーカーがその前週には実現の確率がもっとも低いと予測していたのはどれか。

1) 英国民投票でEU離脱派が勝利(6月23日)
2) Donald Trump氏が米国大統領選挙に勝利(11月8日)
3) Theresa May氏が英首相に就任(7月13日)


この一週間のBrexitおよび欧州の政治経済に関する主な動きは以下の通りである。

  • 長期にわたる量的緩和プログラムを縮小し、資産購入額を月額800億ユーロから600億ユーロに減額するという欧州中央銀行(ECB)の発表は、市場に驚きをもたらした。
  • しかしながらECBは、金利の据え置きと当初2017年3月末までとしていた量的緩和の終了時期の延長も合わせて発表し、市場を活気づかせた。資産の購入期間は2017年12月末まで延長し、「必要な場合には」それ以降も継続するとした。
  • ECBの職員はフランスのラジオ局に対し、量的緩和のペースを落とすという決定はユーロ圏の経済に対する自信の現れであると語った。
  • 10月の英国の鉱工業生産指数は前月比1.3%減と、予想以上の速さで減少した。1か月間の減少幅としてはこの4年間で最大であり、第4四半期の経済活動が弱まっている可能性を示唆している。


Christmas Quizの解答

Quiz 1. 解答: 2) 英国
Quiz 2. 解答: 5) 日本
Quiz 3. 解答の組み合わせ: A)-iii. B)-v. C)-i. D)-vi. E)-iv. F)-ii.
Quiz 4. 解答: 4) ロンドン
Quiz 5. 解答: 2) Donald Trump氏が米国大統領選挙に勝利(11月8日)

※Newsletter 詳細資料(PDF)ではQuizの解説も掲載しています。

(PDF, 1,110KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?