Brexit Newsletter (UK)-vol.26

最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) - vol.26』

2017年も世界経済にとって成長の1年となると想定(2017年1月10日)

2017年初回となる本号では、英国および欧州の2017年の経済見通しを示す。また、英国のCFOを対象としたDeloitte CFO Surveyの最新の調査を基に、2017年に英国企業が直面する機会とリスクについても考察を示す。さらに、Brexitおよび欧州の政治経済に関して、2016年末から2017年始の動きをまとめた。

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

EUとの正式な離脱協議の開始を目前に控える中で、先週、英国のIvan Rogers駐EU大使が突如辞任し、後任には外交官のTim Barrow氏が指名された。世界的な景気回復は8年目を迎えるが、2017年も世界経済にとって成長の1年となるであろうと見られている。

英国、欧州の2017年の経済見通しは以下の通りである。
  • 世界的な景気回復は8年目を迎える。そろそろ後退期に入ると見ている評論家もいるが、こうした見方は時期尚早であろう。2017年も世界経済にとって成長の1年となり、その成長速度は2016年以上になると思われる。
  • 今年のユーロ圏の成長率は、実質賃金が原油などのコモディティ価格の上昇に圧迫されて若干鈍るというのが大方の予測である。英国にはBrexitが立ちはだかっている。イングランド銀行のチーフエコノミストであるAndy Haldane氏が先週述べたとおり、英国経済は予想外にも、EUからの離脱という投票結果に対する耐性があったことが証明されている。しかし、同行や独立系の経済予測専門家の多くは、2017年はBrexitの不確実性により投資が抑制され、また物価の高騰により消費者の購買力は弱まると予測している。エコノミストたちは概して、2017年の英国の経済成長率は2016年の2.0%から1.3%にまで鈍化すると見ている。
  • 2017年3月に行われると見られているリスボン条約第50条に基づく通知は、政府が事前に予告をしているため、それ自体が景況感に重大な影響を及ぼす可能性は低いと思われる。
  • 最も懸念されているのは、Brexitが英国経済に及ぼす長期的な影響である。国民投票前に、英財務省、英国産業連盟(CBI)、London School of Economics等の6つの経済専門機関が、EU加盟国であることに取って代わる様々な選択肢を検討してBrexitがGDP成長率に及ぼす影響を予測しており、今後14年間の英国の経済成長率は平均しておよそ2.3%から2.1%にまで低下すると見られていた。
先週までのBrexitおよび欧州の政治経済に関する主な動きは以下の通りである。
  • 欧州株式市場は、12月のユーロ圏の製造活動が2011年4月以来の成長を示した購買担当者指標データを受けて活気づいた。
  • 第3四半期の英国経済は、力強い消費者需要に支えられて、四半期成長率で0.6%の成長を遂げた。
  • 12月の英国の消費者マインドは、高額商品の購入意欲の増加により上昇した。しかし、消費者の景気への期待感は、国民投票後の2016年7月以降において、最低の水準にまで下落している。
  • 英国の住宅価格の上昇は、2017年には鈍化すると予測されている。Halifaxによる住宅価格の上昇率の見込みはわずか1.0%、英国王立チャータード・サーベイヤーズ協会(RICS)による見込みは3.0%である。

Deloitteが四半期ごとに行っている英国のCFOを対象としたDeloitte CFO Surveyの最新の調査(「Deloitte CFO Survey: 2016 Q4」 以下「本サーベイ」)では、2017年に英国企業が直面する機会とリスクが明らかになっている*。以下は、Deloitte UKのチーフエコノミストによる、本サーベイ結果の主要事項についての考察である。

  • CFOたちはビジネスの見通しについて、極めて前向きになっている。2016年第4四半期の英国の大手企業の景況感は、18か月ぶりの高い水準にまで回復した。この景況感の上昇には、予想に反して国民投票後の英国経済に危機への耐性があったこと、そして中国経済および米国経済に対する当初の懸念が解消されたことが反映されていると思われる。
  • しかしながら、ビジネスが通常に戻ったということではない。景況感は改善したとはいえ、CFOたちのリスクアペタイトは低く、守りのバランス・シート戦略重視で2017年を迎えている。
  • 不確実性への懸念は依然として高く、CFOの89%が高い経済的・財政的な不確実性を感じていると回答している。CFOたちは引き続き、Brexitは自分たちのビジネスにとって最大のリスクとなると考えている。懸念事項の第2位は英国における需要の弱さで、次いで英国及び米国の厳しい金融情勢、ユーロ圏の弱まり、と続く。
  • 不確実性は、企業の投資と支出の意欲に重くのしかかっている。CFOたちのリスクアペタイトは弱まり、平均をはるかに下回っている。CFOの80%は、今はバランス・シートにおいてリスクを取るべき時期ではないと考えている。第4四半期の雇用および資本支出の見通しは改善しているものの、CFOたちは、2017年の企業支出は最終的には減少すると考えている。

「Deloitte CFO Survey: 2016 Q4」は下記のリンク先より参照可能https://www2.deloitte.com/uk/en/pages/finance/articles/deloitte-cfo-survey.html ※英語

(PDF, 898KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?