Brexit Newsletter (UK)-vol.27

最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) - vol.27』

欧州が現在直面している最大の問題(2017年1月17日)

vol.27では、この一週間のBrexitおよび欧州の経済ならびに政策に関する主な動きだけではなく、「混迷する欧州」と題して欧州が直面しているBrexitの他にもう一つより重要な問題について示す。

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

イングランド銀行のMark Carney総裁は、Brexitによる英国経済へのリスクは依然として「高い」とし、最大の懸念は英国経済にとっての危険をBrexitが「増大させる」ことだと述べた。また、本日2017年1月17日、Theresa May英首相がBrexitに関する演説を行い、EU単一市場から去る方針を表明した(次号にて配信します)。

以下は、Deloitte UKのチーフエコノミストの私見を含む、政治・経済の動向である。

混迷する欧州

  • Brexitの投票結果により、英国は新たな道を歩み始めた。Brexitが完了するまでには、おそらく数年の時間がかかる。しかし欧州はもう一つのより重要な問題に直面している。
  • 欧州連合は今年設立60周年を迎える。設立の基本理念は、「これまでになく密接な共同体」に向けた前進であった。低成長、移民問題、反政府政党の台頭、そしてBrexitといった困難に直面する中、この基本理念が今までにないほどに問題となっている。
  • EUの方向性に対する懸念は、欧州全体へと広がりを見せている。誇張した発言をしない政治家として知られるAngela Merkel独首相が、欧州は「危機的状況」にあると述べている。また、欧州委員会のJean-Claude Juncker委員長は、昨年9月に行った施政方針演説の中で、EUは「存続の危機」に直面していると述べた。
  • 欧州理事会のDonald Tusk議長はこの危機について、「崩壊の不安が欧州を取り巻いている。(中略)短期間での完全な統合という考えに囚われていたために、我々は、普通の人々すなわち欧州市民が、我々が持つ欧州に対する情熱を共有していないことに気づくことができなかった。欧州市民は我々が描いた未来のビジョンに幻滅し、彼らは我々に現実への対処を求めている。(中略)今や、欧州懐疑主義または欧州悲観主義が、こうした幻想に取って代わっている。そして統一された欧州という原則そのものを疑問視する声がますます大きくなってきている。」と厳しい言葉で分析した。
その他、この一週間のBrexitおよび欧州の経済ならびに政策に関する主な動きは以下の通りである。
  • 2016年のドイツ経済の成長率は、2015年の1.7%から上昇し、予測よりも高い1.9%となった。政府の支出は、難民申請者への対応を一因として、4.2%増加した。
  • 11月のフランスの鉱工業生産高は予測以上の増加となり、2016年末にフランスの成長が加速したことを示している。
  • 英国のシンクタンクであるInstitute of Fiscal Studiesの報告書によると、英国における税金と社会保障考慮後の所得格差は、この20年で縮小した。
  • フランスの大統領候補者Marine Le Pen氏は、Trump氏の「経済的愛国主義と合理的な保護主義」を賞賛し、「(Trump氏は)私が長年求めてきた政策を実行しようとしている」と述べた。
(PDF, 952KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?