最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) - vol.31』

Ipsos Moriが英国の大手企業500社の中から100人以上のシニア・エグゼクティブを対象として調査を実施(2017年2月14日)

英国の大手企業500社の中から100人以上のシニア・エグゼクティブを対象として行った調査では、回答者の58%がBrexit(英国のEU離脱)という国民投票結果により自社の事業にマイナスの影響が出ていると回答した。Vol.31では、その他各機関の発表もまとめている。

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

英国の大企業のシニア・エグゼクティブを対象にして行われた調査では、回答者の半数以上が国民投票の結果により事業にマイナスの影響が出ていると回答した。

この一週間のBrexitおよび欧州の政治経済に関する主な動きは以下の通りである。
  • 第4四半期における英国の輸出成長率は加速して7.1%となった。
  • 英国の工業生産高は、「しばしば不安定な」医薬品部門の成長に牽引され、2011年以降で最も速い成長となった。
  • イングランド銀行の金融政策委員会委員であるKirsten Forbes氏は、英国は物価の上昇を抑えるために近く利上げを行う可能性があることを示唆した。
  • Sunday Times紙は、英国の労働党が「後継者選び」に入っていると報じた。同紙の調査では、「最も人気がない」候補者はCorbyn党首だという。
(PDF, 629KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?