最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) - vol.45』

英国総選挙における労働党の躍進(2017年6月13日)

6月8日に行われた英国総選挙の結果は、どの政党も単独で過半数を獲得できない「ハングパーラメント(宙づり議会)」となった。この結果に対して金融市場は、昨年のBrexit(英国のEU離脱)に関する国民投票後のような混乱した売り注文の殺到はなく、冷静な反応を示した。

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

英国の総選挙の結果は、どの政党も単独で過半数を獲得できない「ハングパーラメント(宙づり議会)」となった。議席数では与党であった保守党が引き続き第1党を守り、北アイルランドの民主統一党(DUP)の閣外協力により新政権を担う見込みである。

先週までのBrexit、欧州の政治および経済に関する主な動きは以下の通りである。
  • 今回の総選挙における労働党の躍進は、多くの人にとって驚きであった。一方で、ハングパーラメントという結果に対する金融市場の冷静な反応には、拍子抜けしたとの声も上がっているようだ。
  • 昨年の国民投票後のような混乱した売り注文の殺到はなかった。ポンドの下落も昨年6月の国民投票後ほどではなく、FTSE100種株価指数も、1年前のBrexitに関する国民投票後には3%以上下落したが、総選挙の翌日9日は1%の上昇となり、英国国内市場中心の企業の比率が高いFTSE250種株価指数もわずかに上昇した。今回の選挙結果については、ジャーナリストや世論調査機関、エコノミストには困惑をもたらしたかもしれないが、金融市場は冷静に受け止めた。
  • こうした金融市場の冷静な反応は、Brexitがより穏健なもの(「ソフトBrexit」)になると予測していたためである。すなわち、周知のとおり、May首相は信任を得ようと総選挙の実施を表明したが、それはかなわず、下院において自由民主党や労働党の国会議員の数が増加し、「ハードBrexit」に反対する勢力が増したことによる。
  • 多くの選挙区で現職議員に対するEU残留支持者の反発があったものと思われる。また、多くのメディアや保守党の一部からも、Brexitの再検討を支持する声が出ている。
Brexit Newsletter (UK) - vol.45 (PDF, 663KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?