ナレッジ

【金融機関向け】不動産関連アドバイザリー

【金融機関向け】 不動産関連サービス

不動産担保評価(収益還元法)の高度化支援サービス 

不動産関連融資の担保評価によるリスク管理

拡大傾向にある不動産向け融資(貸家業向け貸出)では、担保物件そのものがキャッシュフローを生む事業体になることから、適切な担保価値の把握に努めることが重要です。また日銀や金融庁が、リスク管理の観点から、金融機関へのヒアリングを行う動きも見られます。 金融インダストリーグループ(FSI)では、金融と不動産の専門家の視点から、担保評価基準の内容やバックテストについて検証し、担保評価(収益還元法評価)の高度化を支援します。

詳しくは、こちらをご覧ください。

不動産融資リスク管理手法の高度化支援サービス

アパートローン・ノンリコースローンのリスク管理

拡大傾向にある不動産向け融資(貸家業向け貸出)では、入口時点での担保評価や案件審査だけではなく、ポートフォリオ全体の総合的かつ時系列的な分析などの中間管理も有用と考えられます。また日銀や金融庁が、リスク管理の観点から、金融機関へのヒアリングを行う動きも見られます。金融インダストリーグループ(FSI)は、金融と不動産の専門家の視点から、豊富な知見と実績を活かし、不動産融資リスク管理の高度化を支援します。

詳しくは、こちらをご覧ください。

【金融機関向け】 不動産関連ナレッジ

金融機関による事業用不動産の担保評価における留意点

収益還元法を適用した担保評価

近年、ホテル、ゴルフ場、老人ホームなどの事業用不動産(オペレーショナルアセット)に対する投資拡大により、金融機関の事業用不動産への融資も増加傾向となっています。事業用不動産の評価では、これらの不動産の収益性が事業の経営の動向に強く影響を受けることから、事業収支の分析が必要となり、事務所や共同住宅などの一般的な収益物件とは評価方法が異なるため、注意が必要です。本稿では、事業用不動産の評価上のポイントについてご紹介致します。

詳しくは、こちらをご覧ください。

金融機関による賃貸不動産の担保評価における留意点

収益還元法を適用した担保評価

近年、アパートローンやノンリコースローン等の不動産に対する融資が増加するにつれ、金融庁や日銀、監査法人も金融機関の不動産リスク管理態勢を注視する状況となっています。不動産融資においては、債権回収の裏付けとなる担保不動産の評価が重要な論点の1つとなりますが、収益物件の担保評価の際に、不動産鑑定評価の手法に比較的近い内容の収益還元法を自社で適用している金融機関から、収益還元法が十分に活用できていない金融機関まで様々です。

詳しくは、こちらをご覧ください。

お役に立ちましたか?