ナレッジ

Industry Eye 第8回 ミドルマーケット

「地方創生の推進と中堅企業によるM&A」 

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社のインダストリースペシャリストが各インダストリーを取り巻く環境と最近のM&A動向について解説する「Industry Eye」。第8回は、『地方創生』の主役である地域中堅企業が抱える「生産性」の問題について確認し、処方箋としてのM&Aを推進するために整備されつつある政府によるリスクマネー供給の制度についても俯瞰を行います。

関連コンテンツ

はじめに

安倍政権の重点政策の一つして推進されている「地方創生」に関連し、各種法案・支援措置の整備が進められている。本稿では、地方創生の経済面での主役となる中堅企業の抱えている経営課題に目を向け、その解決手段の一つとしての『M&A』に関する地方での現状に言及する。

また今後中堅企業のM&Aを活性化すべく供給されるリスクマネーの一翼を担うものとして、「地方創生」の施策のなかで中堅企業に対する経済対策として打ち出されている政府(政府系金融機関・官民ファンド)による投融資機能についても、その制度・資金規模を概括することとしたい。

*ミドルマーケットとは、中堅企業や地域金融機関を主要プレイヤーとする市場のことを意味します。


続きは添付ファイル[PDF]をご覧ください。


次号記事
>> 第9回:テクノロジー 日本のIT企業の動向

[226 KB, PDF]


デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
ミドルマーケット担当
シニアヴァイスプレジデント 上田 眞

(2015.02.25)
※上記の内容等は、執筆時点のものとなります。

執筆者

関連サービス
M&A:トップページ
 ・ M&Aアドバイザリー
 ・ 地域金融機関向けサービス
シリーズ記事一覧 
 ■ Industry Eye 記事一覧

各インダストリーを取り巻く環境と最近のM&A動向について、法規制や会計基準・インダストリーサーベイ等を織り交ぜながら解説します。

お役に立ちましたか?