最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ『Brexit Newsletter (UK) - vol.120』

(2019年11月19日)

12 月12 日の総選挙に向け、11 月14 日に⽴候補の受付が締め切られた。世論調査によると序盤戦は保守党が⽀持率首位を維持し、優勢な状況にある。保守党はEU 離脱派で⽴候補者を固めており、Brexit の実現に向けて保守党が単独過半数の議席を確保できるかが注目される。

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

先週までのBrexit、欧州の政治および経済に関する主な動きは以下の通りである。

  • Boris Johnson 首相は選挙演説の中で、Brexit が実現されれば不確実性は払拭され、英国経済は上向くと述べた。Johnson 氏はまた、英国全体の潜在⼒を解き放ちレベルアップを図るという⾃⾝の野望を語った。
  • ランカスター公領尚書であるMichael Gove 氏はBBC とのインタビューの中で、英国は交渉の出発点として英国とEU の将来の関係に関する枠組みを定めた政治宣⾔を利⽤できることから、2020 年末までに英国とEU間の⾃由貿易協定を締結できると述べた。また、EU の次期通商担当委員であるPhil Hogan 氏は、アイルランドの公共放送であるRTE ニュースに対して、英国が離脱後も従うこととなるEU の規則を早期に決定すれば、協定はすぐに成⽴するだろうと語った。
Brexit Newsletter(UK) -vol.120 (PDF, 246KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?