最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ『Brexit Newsletter (UK) - vol.133』

(2020年03月31日)

新型コロナウイルスが世界中に広がる中、英国・EU の将来関係をめぐる交渉も停滞しており、英国政府に対して移行期間延長を求める声が高まっている。

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

先週までのBrexit、欧州の政治および経済に関する主な動きは以下の通りである。

  • 今週、英国のEU 離脱後の貿易協定をめぐる協議が行われるが、英国のBoris Johnson 首相とEU 側のMichel Barnier 主席交渉官は新型コロナウイルスに感染していることが明らかになっている。さらに、英国側の主席交渉官であるDavid Frost 氏も新型コロナウイルス感染症の軽微な兆候が見られたことから、自主的に隔離措置を講じている。
  • 欧州委員会は、新型コロナウイルスのパンデミックを受けた英国の中小企業支援策を、EU の国家補助規制を遵守しているとして承認した。移行期間中は引き続きすべてのEU 法が英国にも適用され、今回の感染症に対応するための一時的な措置についても例外ではない。
Brexit Newsletter(UK) -vol.133 (PDF, 530KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?