最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ『Brexit Newsletter (UK) - vol.138』

(2020年08月25日)

英国とEU との将来関係を巡る7 回目の協議が先週行われた。しかし依然とし て目立った進展はなく、EU の主席交渉官はFTA の年内合意の可能性は低いと 述べている。

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

先週までのBrexit、欧州の政治および経済に関する主な動きは以下の通りである。

  • 英国側の主席交渉官であるDavid Frost 氏とEU 側の主席交渉官であるMichel Barnier 氏は、先週ブリュッセルで第7 回目となる協議を行った。
  • Frost 氏は協議終了後の声明のなかで、進展はほとんどなかったとしたうえで、主な不一致の分野は公正な競争環境(level playing field)と漁業であると指摘した。
  • また、Barnier 氏は今回の協議について、「前進しているというより、むしろ後退していると感じることが多かった」と述べた。Barnier 氏は会見の最後に、「残り時間はあとわずか」であるとしたうえで、現段階で合意に至ることができる可能性は低いと述べた。
Brexit Newsletter(UK) -vol.138 (PDF, 241KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?