最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ『Brexit Newsletter (UK) - vol.141』

(2020年12月01日)

英国とEU との将来関係を巡る協議は、交渉期限の延期を繰り返しつつ継続さ れている。12 月に入り、貿易協定の合意に至るか否か、決断の時が迫っている。

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

先週までのBrexit、欧州の政治および経済に関する主な動きは以下の通りである。

  • 今週も英-EU 間の対面での通商協議が引き続き行われている。EU 側の主席交渉官であるMichel Barnier 氏は11 月27 日、ツイッターに「英国との通商協議を続けるため、今晩ロンドンに向かう」と投稿した。Barnier氏はロンドン到着前、加盟国及び欧州議会に向けた説明の中で、「依然として重大な隔たりが残っている」と述べた。
  • Brexit 後の英国とEU の関係について対面での交渉が再開されたことを受け、英国のDominic Raab 外相は「実質的な交渉の最終盤に突入している」と述べた。
  • 欧州委員会のUrsula von der Leyen 委員長は11 月25 日のツイートで、英-EU 間の協議について、「今後数日間が決定的なものになる。これまでに進展はあったが、現時点では最終的な合意に至ることができるとは言えない」と述べた。同委員長は、双方とも合意を望んでいるとした上で、「EU 加盟国であること」と「単なる価値あるパートナー国であること」の間には明確な違いがあると述べた。
Brexit Newsletter(UK) -vol.141 (PDF, 167KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?