最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ『Brexit Newsletter (UK) - vol.142』

(2020年12月22日)

英国のEU 離脱移行期間終了まで残り10 日を切ったが、英国とEU の将来関係を巡る協議は現在も継続中である。

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

先週までのBrexit、欧州の政治および経済に関する主な動きは以下の通りである。

  • 英国議会は現在休会中である。Michael Gove 内閣府担当大臣は、貿易協定の承認のために議会を再招集する考えがあることを示した一方で、合意に達する可能性は50%に満たないと述べた。
  • 欧州委員会のUrsula von der Leyen 委員長は16 日の欧州議会において、「現時点では合意に達することができるかどうかはわからない。しかし、合意に至る道があるということは言える。非常に狭い道ではあるが、確かに存在するものである。したがって、挑戦し続けるのがわれわれの責務である」と述べた。
  • Boris Johnson 英首相はEU との自由貿易協定締結について、16 日の下院において「あらゆるチャンスと希望がある」と述べた。しかしその週末には、協議は深刻な状況にあり残された時間は少ないと述べるなど、楽観的な姿勢はやや後退した。
Brexit Newsletter(UK) -vol.142 (PDF, 162KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?