最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) - vol.39』

Theresa May英首相は、下院を解散し6月8日に総選挙を前倒しで実施することを4月18日に発表(2017年4月19日)

英国の調査機関であるLord Ashcroftが行った世論調査によると、英国の離脱派は、英国政府がBrexit(英国のEU離脱)交渉で優先すべきことは、移民やEU単一市場へのアクセスの問題よりも、EU予算の供出金の問題を決着させることであると考えている。

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

Theresa May英首相は4月18日、下院を解散し6月8日に総選挙を前倒しで実施すると発表し、当該動議は翌19日に下院にて可決された。

この一週間のBrexitおよび欧州の政治経済に関する主な動きは以下の通りである。
  • 英国の2016年12月から2017年2月までの3か月間の失業率は、40年以上ぶりの最低水準を維持し、求人数は過去最高を記録した。
  • 3月の英国の消費者物価指数は、前年同月比2.3%の上昇となった。食品価格や衣料品価格の大幅な上昇が続いている。
  • 2016年12月から2017年2月までの3か月間の英国の労働者の実質賃金の伸び率は、物価上昇の加速の影響を受け、この7か月で最低となった。
  • 2017年第1四半期の英国の小売売上高(非食品)は前年同期比0.8%の減少となり、下げ幅はこの6年で最大となった。
Brexit Newsletter (UK) - vol.39 (PDF, 667KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?