最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) - vol.53』

Theresa May首相が示したBrexit(英国のEU離脱)交渉に対する建設的な姿勢をMichel Barnier主席交渉官が歓迎(2017年10月3日)

May首相は、EUの首脳陣に対する演説でEU離脱後にEU予算への拠出の継続を前提とした2年間の移行期間の設置を提案し、Brexit後は出来合いの協定をベースとすることに反対であると説明した。EU側のBarnier主席交渉官は、May首相の演説について「建設的」でEU-英国間の「交渉の打開」に資するものだと述べ、英国のDavid Davis EU離脱担当相は、Brexitに関する交渉は「大きく前進した」と述べた。

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

Theresa May首相はフィレンツェでの演説の中で、EU予算への拠出の継続を前提とした移行期間の設置を提案する等、英国の離脱交渉に対するスタンスを示し、EUのMichel Barnier主席交渉官はその建設的な姿勢を歓迎した。

先週までのBrexit、欧州の政治および経済に関する主な動きは以下の通りである。 
  • Theresa May首相はBrexit後の英国-カナダ間の貿易協定について「Brexit前後で途切れることのない移行」のための計画を発表した。
  • May首相は、フィレンツェでEUの首脳陣に対し演説を行い、2019年3月のEU離脱後に、EU予算への拠出の継続を前提とした2年間の移行期間を設けることを提案した。また、同首相はBrexit後の協定について、欧州自由貿易連合(EFTA)への参加やカナダ型の包括的経済貿易協定(CETA)の締結のような出来合いの協定をベースとすることには反対であることを説明した。
  • EU側の主席交渉官であるMichel Barnier氏は、May首相の演説について「建設的」であり、EU-英国間の「交渉の打開」に資するものだと述べた。また、英国のDavid Davis EU離脱担当相は、Brexitに関する交渉は「大きく前進した」と述べた。
  • 労働党のJeremy Corbyn党首は、Brexit後の移行期間は「必要なだけ持続させる」べきであると述べた。
Brexit Newsletter (UK) - vol.53 (PDF, 666KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?